ページ

2015/07/08

BOSS DD-500 Digital Delay 発表。MIDI 入出力対応、32bit 処理、トゥルーパイパス選択可能な次世代デジタルディレイ (追記)


今週末に開催されるSummer NAMM 2015 に合わせて、BOSS がデジタルディレイの新製品DD-500 を発表しました。

MIDI 入出力に対応するほか、12種類のディレイモードや32bit 処理による高音質、見やすい大型LCD ディスプレイなどを備える「次世代ディレイ・ペダル」(by BOSS) です。




MIDI はパッチ切替やパラメータの値を外部MIDI 機器からコントロール可能。「BOSS ES-8とはパーフェクトな連携が実現」するとしています。

またUSB 端子経由でUSB MIDI でのPC 接続にも対応するほか、「フレーズ・ループ」機能も備えます。


12種類のディレイモードの内訳は:

  • STANDARD:クリアなデジタル・ディレイ
  • ANALOG:BOSS DM シリーズを再現したクラシックなディレイ
  • TAPE:Maestro Echoplex やRoland RE-201 などをもとに、テープ・エコー特有の温もりのあるサウンドを再現
  • VINTAGE DIGITAL:80 年代テイストが味わえる初期のデジタル・ディレイサウンド。Roland SDE-2000、SDE-3000 やBOSS DD-2 を収録
  • DUAL:2 つのディレイを直列または並列に接続したサウンド
  • PATTERN:16 種のディレイを独立設定して生み出せるリズミカルなサウンド
  • REVERSE:サイケデリックな逆再生ディレイ・サウンド
  • SFX:特殊効果をもたらすユニークなディレイ・サウンド
  • SHIMMER:音程を変えたディレイ音が生み出す幻想的なサウンド
  • FILTER:揺らぎ効果のあるフィルターを加えたディレイ
  • SLOW ATTACK:アタックを抑えたボリューム奏法のようなディレイ
  • TERA ECHO:BOSS TE-2 のような広がりと動きのある独創的なエコー・サウンド。オリジナルよりもエディットの幅が広く、より細やかな音作りが可能

フットスイッチに割り当てられる機能は:
  • TAP:楽曲のテンポに合わせてディレイ・タイムを設定
  • HOLD:スイッチを踏んでいる間、フィードバックはホールド状態に
  • WARP:フィードバックとレベルを増加させ、力強く表現力豊かなサウンドに
  • TWIST:複数のパラメーターを変化させ、大胆な音色の変化を作成
  • MOMENT:スイッチを踏んでいる間はディレイ音のみ出力
  • ROLL 1/2:スイッチを踏んでいる間、ディレイ・タイムは設定値の半分に減少
  • ROLL 1/4:スイッチを踏んでいる間、ディレイ・タイムは設定値の1/4 に減少
  • ROLL 1/8:スイッチを踏んでいる間、ディレイ・タイムは設定値の1/8 に減少
  • FADE IN:ディレイ音をフェード・インさせる
  • FADE OUT:ディレイ音をフェード・アウトさせる
  • ASSIGN 1-8:最大8 種類の異なるパラメーターをアサインしてコントロール



接続端子はInput A/B (TS)、Output A/B (TS)、CTL 1,2/EXP (TRS)、USB、MIDI In/Out。

バイパス方式はバッファードと、BOSS 製品では珍しくトゥルーバイパス(リレー式)から選択できます。

寸法と重さはW170 x D138 x H62mm、1.0kg。電源は単三電池4本またはAC アダプタに対応。消費電力は200mA。

BOSS DD-500 Digital Delay の価格や発売日は未発表。判明次第追記します。

各社から高機能なデジタルディレイが続々と発売される中、BOSS では久々のハイエンドモデルということで注目を集めそうです。

8月27日追記:国内発売は9月12日(土)予定。実勢価格は税込3万2400円です。

関連記事
BOSS RV-6 Reverb 発表。エクスプレッションペダル対応、Shimmer など8モード搭載のデジタルリバーブ

Roland Jazz Chorus JC-40 発表。JC 史上初のステレオ入力対応、重さ15.8kg の40W コンボアンプ

ソース: BOSS DD-500

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]