ページ

2015/06/24

付け外し自在なギター用ピックアップSubmarine 出資募集中、2本の弦を個別に出力&エフェクト処理が可能に


英国のミュージシャンPete Roe 氏が、かんたんに付け外しできるギター用ピックアップSubmarine を発表しました。低音側または高音側の2本の弦のサウンドを個別に出力するためのPU です。

たとえば低音側に付けてオクターバーを掛け、ギターとベースを同時に演奏しているようなサウンドを鳴らすなど、「1本のギターから2本分のサウンドを出せる」(by Submarine) ことが売りです。




ミニチュア潜水艦のような筐体には2つのマイクロピックアップを内蔵。出力端子はステレオで、2本の弦を個別のアンプやエフェクターにつなぐことも可能です。

本体の3ウェイミニスイッチでは、出力する弦の本数を1本、2本、ゼロ(オフ)から選択。Submarine と弦との距離は六角レンチで調節します。



底面にはマイクロ吸盤を備え、多くのギターに無改造で付け外し可能です。なおアーチトップやマットフィニッシュなど、吸着しにくいギター用にノリ付きマグネットシートが付属しますが、薄いラッカーなどデリケートな塗装のギターでは使わないよう呼びかけています。


現在Submarine はクラウドファンディングサイトUlule で出資を募集中。目標額の2万1000ユーロ(約290万円)に対し、開始から約5時間で半額近い9520ユーロの出資が集まっています。

出資に対する見返りは、予定売価140ユーロ(約1万9400円)の4割引きとなる84ユーロでSubmarine が買える枠や、2割引の113ユーロで買える枠、プロトタイプが入手できるとともに出資者向けパーティに招待される1127ユーロの枠など。

クラウドファンディングではお約束の注意点として、出資しても商品化されない可能性はありますが、無事に目標額に到達した場合は今年12月に正式発売予定です。

使い方を工夫することでユニークなサウンドを生み出せそうな、大きな可能性を秘めたデバイスと言えそうです。

ソース: Ulule - The Submarine
参考: Submarine Official / Facebook / Twitter / Instagram

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ