ページ

2015/08/23

Friedman ASM-12 発売、「Axe-Fx やKemper に最適」な500W パワードモニタースピーカー


米国のギターアンプメーカーFriedman Amplification が、初のパワードモニタースピーカーASM-12 を発売しました。

Fractal Audio Axe-Fx やKemper Profiling Amplifier などのモデリングアンプ用にデザインされたアンプ内蔵スピーカーです。



搭載するスピーカーユニットは低域用と高域用ともにCelestion 製でサイズは12インチ。周波数応答は58Hz -18kHz。

内蔵パワーアンプは最大出力500W、最大音圧レベル129dB。駆動方式はクラスG。入出力端子はXLR でバランス接続に対応します。

寸法と重さは約H67.31 x W41.91 x D40.64cm、約23.6kg。筐体はバルチックバーチ製です。


Friedman ASM-12 の実売価格は799.99 ドル(約9万7800円)。本記事の執筆時点で国内代理店Musette Japan のサイトには未掲載です。

なお海外のギター系フォーラムで、ASM-12 は米国の音響機器メーカーB-52 社のPA スピーカーACTPRO12M と同じ製品ではないかと話題になっています。


これについてFriedman Amp の創業者Dave Friedman は、「ACTPRO12M とASM-12 は同じデザインライセンスを元に作られている。搭載するパワーアンプは同じものだが、キャビネットの設計やスピーカーユニットは異なるためサウンドも違う」と述べています。

ACTPRO12M の実売価格は599ドル(約7万3000円)。Celestion スピーカーやバーチ筐体などASM-12 との共通点が多々あり、両者の違いが気になるところです。

ソース: Friedman Amplification - ASM-12
参考: Sweeetwater - Friedman ASM-12
B-52 - ACTPRO Series
Musette Japan - Friedman
Rig-Talk - Friedman Full Range cabs at NAMM 2015

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ