ページ

2014/01/23

MXR M264 FET Driver 発表、BK Butler Tube Driver 系ドライブペダル (動画)


NAMM 2014 を目前に控え新製品の発表が続くJim Dunlop / MXR が、オーバードライブペダルの新製品  MXR FET Driver を発表しました。

その名の通りFET とオペアンプを直列につないだゲインステージを備え、「リッチでクリーミー、アンプのようなドライブサウンド」が特徴のペダルです。

製品名からも、おそらく同社のCSP265 Joe Bonamassa Signature FET Driver を通常ラインにしたものと思われます。

今回発表されたMXR FET Driver のコントロール部は、HI、LO、LEVEL、DRIVEの4ノブとHI CUT ボタン。若干配置が異なりますがCSP265 と同じ構成です。


価格や発売日は今のところ未定。NAMM での発表を期待しつつ待機しましょう。
NAMM 2014 にてMSRP214.27ドル、2014年2月発売予定と発表がありました。
ソース:Premier Guitar
製品ページ

なおJoe モデルのCSP265は、プロトタイプと市販モデルでカラーリングなどのデザインが異なります。以下のペダルボードはJoe 本人のもので、上段の白いペダルがプロトタイプです。
(画像は海外のフォーラム Rig-Talk より)

プロトタイプを拡大した画像がこちら。
(画像はGoogle 画像検索より)

なんとなく見覚えが・・・という方もいるかもしれませんが、このデザインから察するに、FET Driver はエリック・ジョンソンやデヴィッド・ギルモアなどの使用で知られるBK Butler Tube Driver を元に生み出されたペダルのようです。

(画像はButler Audio より)

FET は真空管に近い構造や回路を備えるため、本物の真空管を搭載するTube Driver のサウンドを再現するのに最適、ということで選ばれたのかもしれません。

なおButler Audio 製のTube Driver は公式サイトから直接オーダーできます。すでに手放しましたが、筆者も以前に電源を100V 仕様にしてもらい購入しました。クランチ気味の真空管アンプに合わせると、ストラトのリアPU で強烈に太いリードサウンドが得られて驚いた記憶があります。