ページ

2015/06/19

Kiesel / Carvin Guitars が蓄光サイドドットオプションを提供開始、日本のマイスターワークス社製Luminlay を採用


米Kiesel / Carvin Guitars が、カスタマイズオプションに蓄光サイドドットを追加しました。エボニー、ローズウッド、ゼブラウッド指板のギター・ベース全モデルに搭載できます。追加料金は30ドル。

また特注扱いでメイプル指板にも搭載できますが、その場合はオーダーした楽器を返品できなくなることと、ドットと指板が似た色のために明るい環境では見づらくなることを了承する必要があります。



今回Kiesel / Carvin が採用した蓄光ポジションマークは、静岡の株式会社マイスターワークスが開発したLuminlay (ルミンレイ)という製品。

高濃度の蓄光顔料を入れたアクリル樹脂でできており、従来の蓄光インレイよりも短時間で光を溜められるとともに、長時間発光できることが特徴です。

日本ではMayones やPLEK などを扱うSleek Elite や、兵庫のギターメーカーSago New Material Guitars などが加工を請け負っています。

ソース: Kiesel Carvin Guitars (Facebook)
参考: Luminlay Official / Sago - Luminlay

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ