ページ

2016/09/05

コラム:フェンダー日本支社の仕事がテキトーな件 (追記)


昨年フェンダーが、大口出資者であるとともに長きに渡り代理店を務めた山野楽器と神田商会との契約を終了したことは、日本のギター業界へ大きな衝撃を与えました。

その後はフェンダー直営の支社であるフェンダーミュージック株式会社が日本国内でのビジネスを展開していますが、その内容に少々気になる点があるのでご紹介します。



本記事のトップ画像は、フェンダーの日本向けサイトに掲載されているSquier James Johnston Jazz Bass のもの。赤線を引いた意味不明な文は、おそらく翻訳の際の下書き(漢字の読み?)を消し忘れたものと思われます。

また米国向けにはHighlights とSpec という2つの項目がありますが、日本向けにはHighlights に対応する「特集」しか掲載されておらず、Spec = 仕様がわからない状況です。

参考までに下の画像は米国のサイトでスペックを表示したものです。使われている木材やピックアップの種類などが詳細に書かれています。


このスペック欄がないという状況はスクワイア製品全般に共通しています。またフェンダーブランドの製品はスペック欄こそありますが、中身は英語の説明のコピペです。

そのため現状では、日本人はスクワイアを仕様がわからないまま買わざるを得ません。楽器店によっては仕様を掲載しているところもありますが、製造元による公式情報が無いため正誤の確認は不可能です。

フェンダーは今年に入り公式サイトのデザインを一新し、それと同時に他国向けのサイトを表示する機能がなくなりました*。

機能の廃止は会社の方針ということで理解できますが、それならばすべての言語で同じ情報を得られるようにすべきです。

(*接続者のIP アドレスで表示する言語を自動的に決めているようです。以前はURL の手打ちという手がありましたが今は使えません。本記事内の画像は米国サイトのウェブキャッシュからキャプチャしました)

またフェンダーは日本支社の設立以来、新宿の伊勢丹にストアをオープンしたり著名なアーティストを招いたイベントを開催するなど、ブランドイメージの向上に力を注いでいます。

そのことと日本向けサイトの手抜き具合を合わせて考えると、フェンダーはギターの仕様にこだわるプレイヤーよりも、ブランドだけで選ぶ人の方を大切にしているように思えてきます。

企業にとってブランドイメージは重要ですが、日本においてはその前にやるべきことが残っているのではないでしょうか。

最後にもうひとつ。画像を見て気づいた方もいるかもしれませんが、米国で定価399ドルのベースが、日本では税別7万円と2倍近くになっています。

この日米の価格差はJames Johnston Jazz Bass に限らず、すべてのフェンダー製品で共通です。

商品の流通経路は、日本支社設立前の「フェンダー→代理店→楽器店」という流れから、設立後は「フェンダー→楽器店」と単純化されたため、理屈の上では安くなりこそすれ高くなる要素はありません。

これでは「自国以外のサイトを見られなくしたのは内外価格差を知られたくないからでは?」などと邪推もできてしまいます。

フェンダー日本支社については、サイトの更新状況に加えて、強気な値付けがいつまで続くのかについても興味深く見守ってゆきたいと思います。

なおフェンダーと並ぶ2大巨頭のひとつギブソンは、今から10年前の2006年に、長く代理店を務めた山野楽器との契約を解消し、日本支社のギブソン・ジャパンを設立しました。

設立当初は現在のフェンダーのように内外価格差が大きい状況でしたが、ここ数年はほぼ1ドル=100円換算で販売しています。

先日公開された2017年モデルでは、米国製で499ドルからという安価なS Series が目を引きました。日本でも1ドル100円換算で販売されれば大いに人気を集めそうです。

9月6日追記:商品説明が修正されました。しかし謎の日本語は削除されたものの、今度はHTML タグが丸見えになっています。おしい。


9月8日追記:スクワイア製品にスペック覧が追加されました。英語ではありますが、これでようやく仕様を確認できます。

今後はスペックの日本語化と丸見えのHTML タグの修正、そして価格改定に期待したいところです。



9月9日追記:HTML タグが見えなくなりました。これで一通りの修正が済んだことになります。


これらの修正作業が当ブログを見た結果なのか、それとも元々今週実施予定だったところにたまたま当ブログの投稿が重なったのかは分かりませんが、いずれにせよ数日でできることを長々と放置していたフェンダー日本支社の姿勢には疑問が残ります。

今後は米国サイトに準じた内容で迅速に更新されることと、その後のチェック体制の強化を願います。

9月10日追記:James Johnsoton Jazz Bass の日本向け製品ページが削除されました。理由は不明です。



ソース: Fender - Squier James Johnston Jazz Bass (削除済み)
参考: Fender News - フェンダー カスタムショップ コレクションのポップアップストアが伊勢丹新宿店メンズ館に期間限定でオープン
Fender News - 「FENDER×PARTY ZOOトークセッション」レポート
山野楽器 - 山野楽器のあゆみ
Musician's Friend - First Look: Gibson’s 2017 Electric Guitar Collection

関連記事
フェンダー日本支社は楽器店の商品説明もコントロール?公式説明文以外の掲載を認めず

山野楽器がFender との代理店契約解除を正式発表。神田商会はFender Japan 製品を販売終了

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ