ページ

2017/04/10

ジョン・メイヤーの新シグネチャーモデルはPRS 製のストラト?最新ライブで初披露


ジョン・メイヤーが、米国ボストンで4月9日(現地時間)に開催したライブにて、PRS 製の新ギターを公開しました。

ヘッドストックを見なければ、フェンダーのストラトキャスターと勘違いしてしまいそうなデザインを採用しています。



ジョン・メイヤーといえばフェンダーのストラトというイメージですが、両者の関係は2014年に終了しており、以降はPRS と契約してシグネチャーモデルも発売しています。

しかし依然としてレコーディングやライブではフェンダー製のシグネチャーモデルを多用していることから、ストラトへの愛情が無くなったわけではないことは明らかでした。

今回の新モデルは、そんなジョンの嗜好に応えて開発されたものと思われます。

詳細な仕様は不明ですが、ライブ動画から聴こえてくるサウンドは、まごうことなきシングルコイルのそれ。

PRS といえばハムバッカーの印象が強めですが、ジョン・メイヤーという強力なパートナーを得て、シングルコイル市場でも存在感を発揮するようになるかもしれません。

ソース: John Mayer (Instagram)
参考: PRS Guitars
Reverb.com - John Mayer Announces Split with Fender
サウンドハウス - PRS 一覧

関連記事
PRS からジョン・メイヤーのシグネチャーアンプJ-MOD 100。出力100W、実売5990ドル

PRS SE 2017年モデル発売。ヘッドのロゴを一新、ピックアップもアップデート

コラム:1980年代から続く「肉抜き」ギブソン レスポールの歴史

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ