ページ

2018/02/11

EVH 5150III 50W 6L6 発売。個別のゲインとボリュームを獲得した3チャンネルアンプ、初代の改造サービスも検討中


EVH Gear が新製品5150 III 50W 6L6 を発売しました。従来から販売している50W モデルを元に、チャンネル1と2へ個別のゲインとボリュームを搭載したアップデート版です。




初代の50W モデルは、チャンネル1と2がEQ、ゲイン、ボリュームを共有しているため、切り替えた際の音質や音量の調整が難しいアンプでした。

その点について、新型はEQ こそ共有のままですが、ゲインとボリュームに2連2軸ポットを採用。個別に設定可能になり、使い勝手が大幅に向上しています。

残るチャンネル3は、初代と同様に専用のEQ、ゲイン、ボリュームを備えます。

その他の主な仕様は、エフェクトループ、MIDI 入力、ステレオヘッドフォン出力、ライン出力。またコンボのみリバーブを搭載します。

真空管はECC83 (12AX7) x 7、6L6 x 2。メーカーはすべてJJ です。


EVH 5150 III 50W 6L6 のラインナップは、Celestion G12 EVH スピーカーを2つ搭載する212コンボ、セレッション製の特注スピーカーを1つ搭載する112コンボ、そしてヘッドの計3モデル。色はブラックとホワイトから選べます。

米国での実売価格は212コンボが1499ドル、112コンボが1299ドル、ヘッドが999ドル。

昨年末に発売されたEL34 版とどちらにするか、ヴァン・ヘイレンのファンにとっては悩ましいところかもしれません。



なお公式Facebook のコメントによると、EVH は初代の50W に2連2軸ポットを追加する改造サービスを検討しているようです。

買い替えを考えている初代のオーナーは、少し様子を見ても良いかもしれません。

ソース: EVH Gear
参考: EVH Gear (Facebook)
サウンドハウス - EVH 一覧

関連記事
EVH 5150III 50W EL34 Head 発表。チャンネル1・2のゲインとボリュームが個別化、英国風味も濃厚に

豆知識:Music Man EVH / Axis のピックアップに最も近いのはトーンゾーンとエアノートン

エディー・ヴァン・ヘイレン インタビュー抄訳:フランケンストラトとマーシャルの電圧、EVH Gear

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【中古】 EVH / 5150 III 50W Head Ivory 【新宿店】
価格:91800円(税込、送料別) (2018/2/11時点)

関連コンテンツ