ページ

2014/01/18

MXR Bass Preamp 発表、コンパクトサイズのベース用プリアンプ (動画)


NAMM 2014の開催が近づく中、MXR がベース用プリアンプの新製品 MXR M81 Bass Preamp を発表しました。いわゆるPhase 90サイズのコンパクトな筐体に、3バンドEQ やDI 出力を搭載するペダルです。

コントロールは上段右からInput、Mid Freq、Output、下段右からTreble、Mid、Bass。2つの小さなボタンは右がPre / Post EQ、左がGround Lift。

Mid Freq はMid ノブで調節する中域の周波数を250hz から1khz の間で可変します。Pre / Post EQ ボタンではBass Preamp のEQ をDI 出力に効かせるかどうかを選択。Ground Lift ボタンはBass Preamp のアースを外部機器と切り離すかどうかを選びます。

バイパスはトゥルーバイパスとバッファードバイパスを筐体内部のスイッチで選択可能。DI 出力を使用するにはバッファードにする必要があり、トゥルーバイパス時はEQ のみ効きます。なお出荷時はバッファードが選択されています。


MXR のベース用プリアンプペダルといえば M80 BASS D.I. + が定番ですが、この新製品はディストーション回路のないシンプルさとコンパクトさが魅力といえそうです。

メーカー希望価格は242.84ドル、発売時期は2014年2月の予定です。

ソース:Premier Guitar