ページ

2015/02/19

Fulltone SSTE は799ドルで3月出荷。Echoplex EP-3 を進化させたソリッドステート・テープエコー、専用テープカートリッジを使用


米国のエフェクターメーカーFulltone が、ディレイユニットSolid State Tape Echo (SSTE) を3月に出荷開始します。希望小売価格は799ドル(約9万5000円)。

SSTE は本物のカセットテープを使用するテープエコー。Fulltone の創業者マイク・フラーが愛用していた初期型のMaestro Echoplex EP-3 を元に開発されています。




製品ページに記載の主な仕様は:
  • オリジナルEP-3 の1/3 サイズ、ハンドメイド、Bullet-Proof (防弾=頑丈)
  • ボールベアリング採用のETC-1 テープカートリッジ(1個40ドル、TTE と共通)


  • ヴィンテージEchoplex のようなヒス/ハムノイズは無し
  • 1.1メガオーム入力、超低インピーダンスの10K オーム出力 (=バッファードバイパス) 。オリジナルのEP-3 は出力バッファ非搭載のため、長いケーブルを使うとノイズなどの問題が発生する点を改善
  • トゥルーバイパス化するトグルスイッチ搭載
  • テープスピードは2種類、ディレイタイムはスラップバックから最長1秒
  • 2つのプリアンプモードを選択可能
  1. EP-3 モード:シリアル#9451以前の初期型EP-3が採用するTIS58 JFET を使い、わずかに低域をカットし高域をブースト
  2. Full モード:ギターの原音をそのまま生かすフルレンジプリアンプ
  • Instrument Volume & Echo Volume ノブ:原音とディレイ音の音量を個別に調節。前者は最大10db のクリーンブーストが可能。オリジナルEP-3 のMix ノブが、原音の音量が固定で、右に回すほどノイズが増える問題を解決
  • Echo Repeats ノブ:リピート回数を設定。1時以降にセットすると後述のRecord Level ノブの設定次第で簡単に発振可能
  • Echo Highs スイッチ:ディレイ音をEP-3を再現したVintage と、よりクリアなBrilliant から選択
  • Record Level ノブ:テープへの録音レベルを調節。3時以降でより太いディレイサウンドに
  • リレー式のEcho Cancel 端子:別売のEcho Cancel Footswitch (ECF、175ドル) でエフェクトのオン・オフ操作が可能。オリジナルEchoplex はディレイ音がこの端子を通っているため長さ180cm 以上のケーブルを挿すとディレイ音が消えるが、SSTE ではディレイ音は分離されているので150m のギター用シールドを挿しても問題なし

Fulltone SSTE は少数のFulltone Customshop ディーラーを通じてのみ販売されます。週間生産台数は最大10~12台。

製品の発表から発売まで数年かかることも珍しくないフルトーンですが、このままゆけばSSTE は昨年4月の発表から約1年と比較的短期間で発売されることになります。

Fulltone Solid State Tape Echo 発表、Maestro Echoplex EP-3 回路採用のテープエコー

なおFulltone は従来から真空管プリアンプ採用のTTE ことTube Tape Echo を1400ドルで販売しています。より安価かつコンパクトで、真空管を交換する必要もないSSTE とのサウンドの違いが気になるところです。

(左がTTE、右がプロトタイプSSTE from Musictoyz)

またSSTE の競合製品としては、デンマークのエフェクターメーカーT-Rex が本物のテープカートリッジを使うReplicator を発売予定です。

T-Rex、本物のカセットテープを使ったテープディレイReplicator 発表。タップテンポ対応、799ドルで今秋発売予定

ソース:Fulltone

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。