ページ

2015/05/17

米国製ヘッドレスギターKiesel Vader 購入者レビュー抄訳、画像・価格まとめ2


米国のカスタムギターメーカーKiesel / Carvin Guitars が今年1月のNAMM Show で発表したヘッドレスギターVader シリーズ。

前回の8弦モデルVader V8 編に続いて、今回は6弦モデルVader V6 の購入者レビューをご紹介します。



はじめに、これは自分にとって2本目のKiesel/Carvinだ。去年オーダーしたSCB6 は最高に気に入ってる(上の比較写真を参照)。

Vader が発表されたときは27インチオンリーってことで敬遠してたけど、25.5インチ版が出るなら買うとも宣言してた。そして無事に発売されたってわけ。

Vader について話そう。これは自分にとって初めてのヘッドレスだ。SCB6 よりも明らかに軽い(自分のSCB6 はウォルナット・ベヒーモスだけど)。

ヘッドストックがなくても調節に問題はないが、こう言って伝わるかわからないけれど、ネックが近いような感覚がある。ブリッジがボディの最後尾にあるからかもしれないけど、1フレットが普通のギターの2フレットの位置にあるように感じるんだ。

チューナーはとても感度が高い。ドロップC チューニングでの出荷を頼んだんだけど、届いた時はわずかにシャープしてた。調節はかんたんだったよ。

ただ付いてきたのが009セット(たぶん)の弦で、自分はいつもErnie Ball のSlinky Top Heavy Bottom セット(.010 .013 .017 .030 .042 .052)を使っているからか、テンションがゆるく感じた。これは弦を交換して再チェック予定。



ブリッジかい?Kiesel がHipshot に頼んだ斜め加工* は素晴らしい。快適にミュートできるしエッジが食い込むこともない。

*訳注:ブリッジ両端の壁をネック側へ斜めにカットして、パームミュート時に当たらないようにしています。市販モデルの壁の高さは一定です。

(市販モデル)

またこれは自分初のノー・インレイギターなんだけど、巻き弦は問題ないけど高音弦側は少し探しちゃうね。慣れると思うし大きな問題じゃないけど。

ピックアップは?よくわからない。ゴミみたいなアンプしか持ってないからセッティングを詰める必要があるし、弦も変えなきゃいけない。自分は音作りのセンスが無いし、自分にとっては良い音だと思うけど、SCB6 に載ってるM22SD/M22N セットとの違いを説明する語彙はないんだ。



塗装について話そう。カスタムカラーのキャンディ・タンジェリン・オレンジ(実際はランボルギーニ・パールオレンジ)で頼んだ。この色は自分のクルマ(三菱Rotor Glow カラー)と、キャンディタンジェリンフィニッシュにブラックハードウェアを載せたParker ギターにインスパイアされたんだ。

実際に手に取ると、光の下ではファンタスティックなスパークル/メタリック・オレンジに見える。日陰では真っ赤に見えるね。想像よりも赤みが強かったけど全体的には幸せだよ。



ああ、分かってるよ。写真ではストラップを付ける場所が間違ってる*よね。弾く前に付け替えたよ。箱を開けた前後はしっちゃかめっちゃかだったのさ。

*訳注:Vader はブリッジ側のストラップピンを2個備えますが、抱えた時に下側に来るピンを使うと水平に持てるそうです。


レビュー抄訳は以上です。元の投稿には大量の写真がアップされていますので、興味のある方は下のリンク先へどうぞ。

ソース: Sevenstring.org - NGD: Kiesel Vader 6 25.5" Candy Tangerine

ブログの更新情報などはTwitter アカウント@gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ