ページ

2015/06/07

島村楽器とアイバニーズがコラボ、26.5インチスケール&マッチングリバースヘッドのSRGEX シリーズ発売


島村楽器がアイバニーズとコラボレートしたエレキギターSRGEX シリーズを発売します。

Djent やプログレッシブメタルなどドロップチューニングを多用するギタリストに向けた、26.5インチ(673.5mm)スケール採用の限定モデルです。



ラインナップは黒いアッシュボディのSRG-EX1 と、ナチュラルなナトーボディのSRG-EX2。いずれもオイルフィニッシュです。

また両モデルともにマッチングカラーのリバースヘッドを採用し、低音弦のテンションをさらに確保できるとしています。


共通する主な仕様は、ネックが1ピースハードメイプル、24フレット、400mm ラディウス。

ナット幅は1フレット43mm、24F 58mm。ネック厚は1F 19mm、12F 21mm。数値的には現行のIron Label が採用するNitro Wizard ネックと同じです。

PU はIbanez とSeymour Duncan 共同開発のハムバッキングを2つ搭載。ブリッジはノントレモロです。

弦はD’addario EXL120 (.010~.046)。ドロップC チューニング(6弦からCGCFAD)で出荷されます。


発売日はともに2015年6月13日(土)。税別価格はEX1 が6万9000円、EX2 が5万9000円。

なお初回分は島村楽器の一部店舗限定で入荷します。入荷予定店舗は島村楽器公式サイトに掲載中です。

ナチュラル系フィニッシュにハードテイル、長めのスケールといったモダンなヘヴィミュージックで流行の仕様を詰め込みつつ、価格も比較的手頃ということで人気を集めそうです。

またアイバニーズのヘヴィ系ギターでは、ファンドフレットやEMG PU 採用のRGIF シリーズが近日発売予定です。

アイバニーズからファンドフレットギターRGIF7 / RGIF8。6月発売、店頭価格13万円台から

6月9日追記:島村楽器の直販サイトに掲載されました。詳細な仕様や拡大画像が掲載されています。

新たに判明した仕様は、指板材がEX1 はウェンジ、EX2 はローズウッド。ブリッジはGibraltar Standard II。ギグバッグが付属します。生産地はインドネシア。

ソース:島村楽器 - SRG-EX1SRG-EX2

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。