ページ

2015/07/02

Walrus Audio Bellwether は349ドルで7月14日発売。最長1000ミリ秒、タップテンポ入力、EXP ペダル対応のアナログディレイ(追記)


米国オクラホマのエフェクターメーカーWalrus Audio が、同社初のアナログディレイペダルBellwether の予約受付を開始しました。

今年1月のNAMM Show で発表されたBellwether は、最長ディレイタイム1000ミリ秒、タップテンポ入力、エクスプレッションペダル対応、エフェクトループ、アナログモジュレーションなどを備える高機能アナログディレイです。




発表時から仕様変更があったので改めてまとめると、まず端子類は入力が1つで出力が2つ。

fx loop 端子はTRS のY ケーブルで外部エフェクターをつなぎ、エフェクト(ウェット)音を加工できます。

exp 端子はTRS ケーブルで接続したエクスプレッションペダルを使い、ディレイタイムまたはリピート回数を操作可能。操作する機能は本体表面のミニスイッチで選べます。



操作系は上段左からtap div、time、repeats、tone (ハイカット)、level (リピート音用)。

tap div ツマミでは、タップテンポスイッチでの入力を4分/8分/付点8分/3連4分のいずれかに自動で分割します。

またrepeats を最大にしてtime を操作することで、アナログディレイの魅力といえる発振も可能です。

下段は左からexp スイッチ、モジュレーションOn/Off スイッチ、モジュレーション用のdepth とrate ツマミ。

電源は9V DC のパワーサプライに対応し電池駆動は非対応。消費電力は100mA。



Walrus Audio Bellwether は349ドル(約4万2800円)で7月14日発売予定。現在は公式サイトで予約を受付中です。

デジタルエミュレーションではない高機能アナログディレイということで、アナログペダル派の注目を集めそうです。

8月7日追記:国内販売が始まりました。実勢価格は税込5万3000円前後。

ソース: Walrus Audio - Bellwether
参考: Umbrella Company - Walrus Audio

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ