ページ

2015/08/13

古いスケボーを再利用したハンドメイドギターPrisma Guitars。ベースやPU、ピックも製作


「ボード」と聞けばギタリストやベーシストはエフェクターの載ったペダルボードを想像しがちですが、米国Prisma Guitars はボードはボードでも古いスケートボードを再利用したギターを製作しています。




Prisma Guitars のビルダーは、音楽とスケボーを愛するサンフランシスコ在住のNick Pourfard 氏。22歳のNick 氏はインダストリアルデザインを学ぶ傍ら、独学で木材加工技術を身につけています。


ギターの製作は古いスケボーの汚れやシールを落とし、貼り合わせて合板を作ることからスタート。デザインの異なる板を重ねることで独特の模様が生まれ、完成品の模様もすべて異なります。

丈夫さが重要なスケボーデッキ(板)の素材は、ギターやベースでもお馴染みのハードメイプルが主流なので、サウンド面も問題なさそうです。


Prisma Guitars は在庫販売とともにオーダーメイドも受付中。基本価格はギターが2500ドル、ベースが2600ドルから。納期は6-10週間。

ともに複数のボディシェイプから選べるほか、ボディ材(スケートトップ/マホガニーバックなど)やホロウ加工などのオプションも用意します。

30万円からという価格は、ワン・アンド・オンリーのオールハンドメイドギターとしてはそれほど高くはないかもしれません。


またPrisma は古いデッキを使った手作りピック(5ドル)や手巻きPU (140ドル~)なども販売しています。特にPU はギターのアクセントに良さそうです。


なおPrisma Guitars 以外のスケボーギターメーカーとしては、アルゼンチンのSkate Guitar がよりスケボーらしさを残したギターを販売中です。


また余談ですが、Dinosaur Jr. のJ Mascis の趣味はBig Muff 集めとスケボーとゴルフ。MV でその腕前を披露しています。



2017年8月25日追記:いつの間にか新潟の楽器店あぽろんが取り扱いをはじめていました。

価格はギターとベースともに40万円前後。またピックやスケボーのデッキも販売しています。

ソース: Prisma Guitars
参考: Skate Guitar

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Prisma Guitars ACCARDO #00036 (プリズマ・ギターズ)
価格:367200円(税込、送料別) (2017/8/25時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Prisma Guitars BOWMAN BASS #00034 (プリズマ・ギターズ)
価格:378000円(税込、送料別) (2017/8/25時点)



関連コンテンツ