ページ

2016/01/15

VOX AC30 / AC15 にヘッド版が追加。アッテネーター内蔵、純正キャビネットも発売


VOX がギターアンプの新製品AC30CH とAC15CH を発表しました。伝統的なVOX サウンドを継承する、30W と15W のギター用フルチューブアンプヘッドです。



主な仕様は両モデルともにノーマルとトップブーストの2チャンネル構成。エフェクトはスプリングリバーブとトレモロを内蔵するほか、AC30CH はエフェクトループも備えます。

真空管は伝統の12AX7 (ECC83) とEL84 の組み合わせ。スピーカー出力は8オームと16オームです。


コントロールも両モデル共通で、ノーマルチャンネルがボリュームのみ。トップブーストチャンネルはボリューム、トレブル、ベース。加えてマスターセクションにはトーンカットとマスターボリュームを備えます。


さらに新開発の「リアクティブ・アッテネーター」を内蔵し、出力をAC30CH は30W、3W、1/3W に、AC15CH は15W、1.5W、1/6W に可変できることも特徴です。

VOX いわくこのアッテネーターは、「スピーカーの駆動情報をアッテネーターに伝えることにより、どんな音量でもスピーカーとアンプの相互作用を最適化する、リアクター技術を用いたアッテネーターを搭載しています。そのためスピーカーとアンプが大音量で鳴らされた時と同様の挙動(動作)が小音量でも得られ、従来のアッテネーターにない迫力を感じることができます」



寸法と重さは、AC30CH がW705 x D266 x H284mm、18.8kg。AC15CH がW610 x D266 x H284mm、15.3kg。

税別メーカー希望小売価格はAC30CH が10万5000円、AC15CH が8万円。発売日は2016年1月30日(土)です。

またオープンバック筐体に12インチのCelestion Greenback を2つ搭載する純正キャビネットV212C も発売します。


インピーダンスは16オーム。寸法と重さはW705 x D266 x H571mm、22.5kg。希望小売価格は税別4万円です。

今回のヘッドの追加は、VOX サウンドは好きだがコンボは重くて持ち運びがキツい、という方には嬉しいニュースと言えそうです。

ソース: VOX Amps - Custom Series
参考: 島村楽器 Guitar Selection

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ