ページ

2016/01/15

JHS Pedals がAPI 500 モジュールのエフェクターを発表。コンプ、歪み、ディレイなど6モデル


米国のギター・ベース用エフェクターメーカーJHS Pedals が、同社初のAPI 500 モジュールJHS Lunchbox 500 を発表しました。

執筆時点で詳細は未発表ですが、デザインから察するに既存のJHS 製品をランチボックス化したものと思われます。



API 500 とは、米国のレコーディング機器メーカーAPI (Automated Processes Inc.) が制定したラック規格。

電源供給機能つきの専用フレームに、様々なメーカーが販売するイコライザーやコンプレッサーなどの対応モジュールを挿して、自分好みのコンパクトなエフェクターラックを組めることが特徴です。


(Images from API Audio)

元々はAPI の独自規格でしたが、2006年に標準化プログラム「VPR アライアンス」を制定して門戸を開いてからは、レコーディング機器メーカーに加えてMoog、Eventide、Radial、Empress Effects、Strymon の創業者によるMeris など、多くの楽器メーカーも対応製品を発売しています。

そんな状況の中で発表されたJHS のモジュールは全6モデル。元ネタと思われるJHS 製品は、トップ画像の左からヴィンテージのNEVE コンソールを模したプリアンプのColour Box、不明、アナログコーラス/ビブラートのEmperor、アナログディレイのPanther Cub、オレンジスクイーザー系コンプのPulp 'N' Peel、Supro 系ドライブペダルのSuperBolt。不明の1台は500 モジュール用の新製品かもしれません。

JHS Pedals Lunchbox 500 シリーズは2016年春に出荷予定。詳細な仕様や価格などは1月21日からのWinter NAMM Show で発表予定です。

1980年代のギター界で一世を風靡したラックエフェクターが、コンパクトかつスマートな500シリーズに姿を変えて2010年代の世に復活しつつあるのかもしれません。

ソース: JHS Pedals (Facebook)
参考: API Audio - VPR Alliance
アンブレラカンパニー - API 500モジュール (VPRアライアンス) の電源フレームの選び方
Meris

関連記事
ユーロラック規格のモジュラーユニットをギター用ペダルにするPatch Box、米国Pittsburgh Modular が発表

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

moog 500 Series Analog Delay (VPR Alliance)
moog 500 Series Analog Delay (VPR Alliance)
価格:103,680円(税込、送料込)

Empress Effects/ECM-519
Empress Effects/ECM-519
価格:139,320円(税込、送料別)

RADIAL/Tank Driver 500
RADIAL/Tank Driver 500
価格:48,600円(税込、送料別)