ページ

2016/02/09

古いハモンド製ヴィブラートを再利用したエフェクターAnalog Outfitters Scanner、スプリングリヴァーブも搭載


米国の楽器メーカーAnalog Outfitters が、レトロ感あふれるデザインのエフェクターScanner を販売しています。

ギターに加えてラインレベルの信号にも対応する、ヴィブラート&スプリングリヴァーブユニットです。




アナログ・アウトフィッターズは、壊れた古い楽器から新しい楽器を生み出すことがコンセプトのメーカー。

今回のScanner は、動かなくなったハモンドオルガンからヴィブラートユニットとリヴァーブタンクを取り出し、新しいエフェクターとして再構成したものです。

その温かみのあるヴィブラート/ロータリーサウンドは、ディレイ回路で作った位相の異なる9つの信号を、回転する金属板で拾うことで生み出しています。

またオリジナルのヴィブラート速度は固定ですが、Scanner は速度調節用のモーターを追加し、本体のツマミやエクスプレッションペダルで操作できるようにアップデートしています。

 
(Wilco のネルス・クラインによるデモ。ヘッドの日本語が印象的です)

端子類は前面に1/4フォン入力(Line/Inst 切替可能)、1/4フォン出力。背面にはXLR のライン入出力、リバーブのオンオフ用フットスイッチ端子、エクスプレッションペダル端子を配置。

コントロールはVibrato Gain、Reverb、Line Out、Speed の各ツマミを備えます。

Analog Outfitters Scanner は実売1599ドルで販売中。なかなか高価ですが、音も見た目も魅力的な一品です。なお筐体にもハモンドオルガンの部品を使っているため、見た目は1台ずつ異なります。

またデモ動画のアンプとキャビネットも同社の製品で、ともに筐体はリサイクル素材でできています。


動画で使われているアンプは、パワー管にEL84 を採用するクラスA 回路のSarge シリーズ。ケースに加えてトランスもヴィンテージものを再利用しています。



ラインナップは35W のSuper Sarge と15W の無印Sarge の2種類。価格はSuper が1499ドル、無印が999ドルです。


キャビネットは1x12、2x10、2x12の3種類を用意。実勢価格は12インチ2発モデルで799ドル。こちらも古いハモンドオルガンの板を再利用しているため、デザインはひとつずつ異なります。

今回取り上げたモデル以外にも、Analog Outfitters はリサイクル素材を使ったユニークなアンプやMIDI コントローラーなどを販売しています。興味の湧いた方は下の公式サイトへのリンクをどうぞ。

ソース: Analog Outfitters

関連記事
レトロな軍用端末を再利用したマルチエフェクター。Klone、ファズ、リングモジュレーターなど5種類のエフェクトを内蔵

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。