ページ

2016/12/29

Fractal Audio が真空管アンプ用ロードボックスLB-1 を開発中、キャビネットIR やエフェクトも追加可能


米Fractal Audio が、真空管アンプ用のロードボックスを開発していることがわかりました。

ロードボックスとは、アンプの出力をスピーカーを使わずに音へ変換する製品のこと。

アンプをロードボックス経由でオーディオインターフェイスやミキサーにつなぐことで、サイレントレコーディングや、ライブでの音被りのない集音などが可能になります。



フラクタルいわく、ラインナップはパッシブ型のLB-1P と、アクティブ型のLB-1 の2モデル。

製品名にP の付かないアクティブ型は、ステレオのキャビネットIR やエフェクトを追加できるなど、多彩な機能を備えるとのことです。

また両モデルが搭載する独自開発のダミーロードは、本物のスピーカーの挙動をコピーしており、他社製品よりも断然高音質としています。

本記事の執筆時点でLB-1 シリーズの価格や発売時期は未発表。フラクタルがLB-1 の存在を明かしたのは今年10月なので、タイミング的に年明けのWinter NAMM で何かしらの発表があるかもしれません。

以前から存在が明かされているプラグイン版Axe-Fx とともに、続報が待たれる製品です。

ソース: Fractal Audio Forum - Recording tube head with axe fx cab sims?
参考: サウンドハウス - アッテネーター / ロードボックス一覧

関連記事
Fractal Audio 製品をスマホやタブレットで操作するアプリFracPad 発売。iOS / Android 対応、無線接続も可能

Fractal Audio AX8 の産地が米国から中国へ変更、直販価格も1299ドルへ値下げ

Fractal Audio がプラグイン版Axe-Fx を開発中、発売は「間もなく」

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Fractal Audio Systems AX8 [Multi-Effects...
価格:226800円(税込、送料無料) (2016/12/29時点)

関連コンテンツ