ページ

2016/12/06

アイバニーズが超コンパクトなポール・ギルバートモデルPGM miKro を開発中


アイバニーズが超コンパクトなポール・ギルバートモデルPGM miKro を開発中であることがわかりました。

これはポールがオンラインギター雑誌Guitar Interactive のインタビューで語ったもので、すでにプロトタイプをライブで使用しています。




アイバニーズのmiKro シリーズは、手や体の小さい子供向けのコンパクトなギター&ベース。

大きさは一般的な製品の3/4ほどで、ネックスケールはギターが22.2インチ、ベースが28.6インチ。また価格も200ドル以下とお手頃です。

インタビュー動画によると、PGM miKro はリバースヘッドやF ホールペイントなどポールモデルではお約束の仕様を採用。トレモロレスなのでスペック的にはPGM301 の小型版と言えそうです。

なおポールはPGM miKro に弦を3本だけ張ってすべてE にチューニングし、ライブ中の速弾きコーナー専用に使っています。

詳細な仕様や価格は、米国で年明け1月19日から始まるWinter NAMM Show 2017 で発表されるものと思われます。

国内では正規販売されていないmiKro シリーズですが、これを期に発売されることを期待したいところです。

またインタビューではシンクロトレモロを載せた新しいPGM や、ペダルボードについても解説しています。


ボードの中身は、上段が右からMXR MC406 CAE Buffer、Voodoo Lab Pedal Power 2 Plus パワーサプライ、TC Electronic MojoMojo オーバードライブ、Flux Capacitor Delay。

Flux Capacitor は映画バック・トゥ・ザ・フューチャーに登場する次元転移装置を模したディレイペダルで、ポールいわく「ビルダーに会ったけどナイスガイだったよ」とのことです。(紹介記事)

下段は右からFoxrox Octron オクターバー、エレハモDeluxe Electric Mistress XO フランジャー、MXR CSP101SL Script Phase 90 with LED x2、改造したIbanez TS9DX オーバードライブ。

フェイザーはVH I と書かれたヴァン・ヘイレン風セッティングと、2112と書かれたラッシュ風のセッティングを使い分けています。またモジュレーションを歪みの前につなぐのがポール流です。



参考: Ibanez - RG miKro
Ibanez - PGM301
Foxrox Electronics - Octron
MXR - MC406 CAE Buffer / サウンドハウス
MXR - CSP101SL Script Phase 90 with LED / SH
Electro-Harmonix - Deluxe Electric Mistress XO / SH
TC Electronic - MojoMojo Overdrive  / SH
Voodoo Lab - Pedal Power 2 Plus Power Supply / SH

関連記事
バック・トゥ・ザ・フューチャーの次元転移装置型ディレイペダルFlux Capacitor Delay 発売。9V 電源で動作、プルトニウムは不要

うわさ:アイバニーズがJEM777 を復刻、フジゲン製かつお手頃価格?

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。