ページ

2016/12/04

コラム:2016年にアメリカで売れたエフェクター Top 15


米国の楽器販売サイトReverb.com が、2016年に売れたギターエフェクターのランキングを発表しました。

内容は今年発売の新製品、販売台数、販売額という3つのカテゴリを設け、それぞれの上位15製品を公開しています。

なかなか興味深い内容なので、本記事では各カテゴリのトップ5を抜粋してご紹介します。



まずは2016年の新製品ランキングから。栄えある1位に輝いたのは、EarthQuaker Devices のAvalanche Run でした。

ディレイとリヴァーブをまとめた2 in 1 ペダルで、タップテンポ機能やエクスプレッションペダルへの対応など、現代の空間系ペダルに求められる機能をしっかりと抑えています。

また発売当初の数か月はReverb.com 専売だったことも、ランク入りの大きな要因と思われます。

米国での実売価格は295ドル。残念ながら国内では代理店が取り扱っておらず、入手するには直輸入や並行品を探すことになります。

発表時の記事
メーカー製品ページ


新製品の第2位は、エレハモのメロトロンエミュレータMel 9。ヴィンテージの鍵盤楽器を再現する9シリーズの最新モデルです。実売価格は米国で221ドル、国内では税込3万5000円前後。

発表時の記事
代理店製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第3位はChase Bliss Audio Tonal Recall Analog Delay。アナログの心臓とデジタルの頭脳を組み合わせることで、従来のアナログディレイの範囲を超越した、多彩なサウンドと幅広いコントロールを得ています。米国では399ドル。国内では税込7万円前後。

発表時の記事
メーカー製品ページ


第4位はSource Audio Nemesis Delay。日本では知名度が低めな同社ですが海外での評価は高く、Nemesis もStrymon Timeline やBOSS DD-500 とともに、多機能デジタルディレイ3強のひとつに数えられています。米国では299ドル、国内では税込3万6000円前後。

代理店製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第5位はFriedman BE-OD。3700ドルのアンプのサウンドが200ドルで手に入るという売り文句で、ここ日本でも注目を浴びています。国内での実売価格は税込2万9000円前後。

発表時の記事
メーカー製品ページ


続いては販売台数ランキングに移ります。発売時期や新品・中古などは問わない、単純な販売数の順位です。

そんなバーリトゥードなランキングの頂点に立ったのは、TC Electronic Ditto Looper。小型軽量、簡単操作、お手頃価格と3拍子揃ったルーパーペダルです。実売価格は米国で99ドル、国内では税込1万1000円前後。

メーカー製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第2位はMXR Carbon Copy Analog Delay。2008年の発売以来、定番アナログディレイとして高い人気を維持しています。米国では149ドル、国内では税込1万6000円前後。

代理店製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第3位はTC Electronic Hall of Fame Reverb。ステレオ入出力やキルドライ、2種類のバイパス方式、スマートフォンやPC からサウンドを追加できるTone Print など、多彩な機能とサウンドを備えるデジタルリバーブです。米国では149ドル、国内では税込1万8000円前後。

メーカー製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第4位はTC Electronic PolyTune 2 Mini。すべての弦を同時に検知する、超コンパクトなポリフォニックチューナーです。米国では89ドル、国内では税込1万円前後。

メーカー製品ページ
サウンドハウス販売ページ


第5位はElectro-Harmonix Soul Food。エレハモによる激安ケンタウルスクローンで、内部のスイッチでバッファードバイパスとトゥルーバイパスを切り替え可能というのも気が利いています。米国で77ドル前後、国内では税込1万円前後です。

代理店製品ページ
サウンドハウス販売ページ


最後は販売額のランキング。必然的に単価の高い製品がランクインしています。

第1位はFractal Audio Systems Axe-Fx II シリーズ。言わずと知れたデジタルモデリングアンプの大定番です。米国では2250ドル、国内では税込39万円前後。

メーカー直販ページ
サウンドハウス販売ページ


2位には新製品ランキング1位のEQD Avalanche Run がランクイン。このペダルは販売台数ランキングでも8位に入っており、3つのランキングに名を連ねる唯一のペダルという栄誉も勝ち取っています。


3位はStrymon Timeline。ペダル型デジタルディレイの基準を大きく上げた名機です。米国で449ドル、国内では税込5万6000円前後。

代理店製品ページ
サウンドハウス販売ページ


4位はLine 6 Helix。POD で一世を風靡した同社が、Fractal Audio やKemper を追撃すべく発売したフラッグシップモデルです。米国では1499ドル、国内では税込24万5000円前後。

発表時の記事
メーカー製品ページ
サウンドハウス販売ページ


5位はFractal Audio AX8。Axe-Fx のサウンドを詰め込んだフロア型のアンプモデラー/マルチエフェクターです。米国では1299ドル、国内では税込22万6000円前後。

発表時の記事
メーカー直販ページ
サウンドハウス販売ページ



以上、各カテゴリのトップ5の紹介でした。こうして見ると、定番商品はアメリカと日本でさほど変わらない印象を受けます。

良いものは国を問わず広く受け入れられるということを、如実に示した結果と言えそうです。

各カテゴリの15位までのランキングはリヴァーブのサイトで公開中。興味の湧いた方は下のリンクからどうぞ。

最後にちょっとしたお遊びとして、定番ペダルでボードを組んだ際の想像図を作ってみました。


歪みが少し寂しいので、定番ランク8位のFulltone OCD あたりを足すと、幅広い音楽スタイルに対応できるナイスなボードに仕上がりそうです。

ソース: Reverb.com - The Best-Selling Pedals of 2016

関連記事
有名ギターメーカーのメンテナンス術:ギブソンは水拭き推奨、マーティンはレモンオイルを否定

コラム:1980年代から続く「肉抜き」ギブソン レスポールの歴史

海外エフェクター業界よもやま話:偽ブティックペダルの発明者Freekish Blues

現行12AX7/ECC83 真空管レビュー。エレハモ、Sovtek、Tung-Sol、Mullard、Svetlana、Gold Lion、JJ、曙光

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
MXR M-169 carbon copy analog delay 【送料無料】【あす楽対応】
価格:15552円(税込、送料無料) (2016/12/4時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Fulltone OCD (Obsessive Compulsive Drive) 【限定タイムセール】
価格:18900円(税込、送料別) (2016/12/4時点)

関連コンテンツ