ページ

2017/01/19

Tech 21 GED-2112 発表、ゲディ・リー シグネチャーのラック型サンズアンプ(追記)


Tech 21 が新製品GED-2112 SansAmp を発表しました。Rush のフロントマンGeddy Lee シグネチャーのベース用プリアンプです。




ラッシュは1968年にカナダで結成した3ピースロックバンド。スケールの大きな楽曲と高い演奏力で世界的な人気を集めるとともに、多くのプロミュージシャンから憧れの対象として挙げられる存在です。

そんなラッシュでヴォーカルとベースを兼任するゲディ・リーは、Tech 21 製品の15年以上に渡る愛用者。ジャズベースと組み合わせてゴリゴリのサウンドを響かせています。


今回のシグネチャーモデルは、ゲディが愛用するRPM(ラック版パライコ&プリアンプ)と、RBI(ラック版Bass Driver DI)のプリアンプをひとつにまとめた製品。

RPM を元にしたDrive セクションで基本サウンドを作り、RBI から受け継いだDeep セクションで低域と歪みを加えます。

また各チャンネルは個別出力も可能。チャンネルごとにバランス出力とアンバランス出力を備えます。

入力端子は前面に1つ、背面に2つ搭載。背面の入力はボタンで選択でき、2本のベースを使い分ける際に便利です。

そのほかEQ カーブもゲディの好みに合わせてあり、グリーンの筐体もお気に入りとのことです。



Tech 21 GED-2112 SansAmp の米国での価格は369ドル。発売時期は未発表です。

日本と海外で人気の差が大きいバンドの代表格と言えるラッシュ。そんな状況の中で果たしてGED-2112 は国内販売されるのか、代理店の判断に期待したいところです。

ちなみに製品名は、ラッシュが1976年に発売した大ヒットアルバム2112: Overture(邦題:西暦2112年)から拝借したものと思われます。



2018年4月10日追記:国内販売が始まりました。実勢価格は税込5万1800円前後です。

ソース: Tech 21 - GED-2112
サウンドハウス - Tech 21 一覧
サウンドハウス - ベース用DI / プリアンプ一覧

関連記事
Tech 21 Q Strip 発表、パライコとDI 搭載のペダル型チャンネルストリップ

Tech 21 サンズアンプBass Driver DI V2 発表。定番ベースプリが22年ぶりに進化、MID コントロール搭載

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
TECH 21 Geddy Lee Signature SansAmp GED-2112 [イケベ楽器国内先行入荷]
価格:51840円(税込、送料無料) (2018/4/10時点)

関連コンテンツ