ページ

2017/01/19

DOD Rubberneck 発表、最長1.5秒の多機能アナログディレイ。タップテンポ搭載、任意に発振可能


DOD が新製品Rubberneck Analog Delay を発表しました。新開発のデュアルフットスイッチ筐体に、タップテンポやエフェクトループなど多彩な機能を備えるアナログディレイです。



ラバーネックの主な機能は、

  • 最長1.5秒のディレイタイム
  • タップテンポと3種類から選べるサブディビジョン
  • Rate とDepth を個別に調節できるモジュレーションエフェクト
  • ディレイサウンドを加工するGain / Tone ノブとエフェクトループ (TRS)
  • 外部フットスイッチ端子 (DigiTech FS3X チ用)
  • ペダルをオフにした後もディレイ音が鳴り続けるTail 機能 (ドライ信号の有無を選択可能)


また左右のフットスイッチは、ペダルのオンオフとタップテンポという通常の機能に加えて、踏み続けることで有効になる第2の機能を搭載します。

左スイッチの第2機能は、ディレイ音の音程を上下させる「ラバーネック」。上下するタイミングは右隣のLED 兼トリムポットで設定します。

ちなみにラバーネックには「首を伸ばして眺める野次馬」といった意味があります。

一方で右スイッチは、踏み続けると左脇のトリムで設定した第2のディレイタイムが有効になります。

使用例としては、トリムを最大にしておいて、踏んでいる間だけ発振させるといった使い方が可能です。

寸法と重さはL122 x W119 x H55mm、約508g。別売のFS3X フットスイッチでは、タップテンポと各セカンド機能を操作できます。


DOD Rubberneck Analog Delay  は2017年4月発売予定。米国での実売価格は249.95ドルです。

アナログディレイとしては驚異的に長いディレイタイムと、多彩な機能を兼ね備えるラバーネック。

エレハモのDeluxe Memory Boy やDeluxe Memory Man 1100-TT、Way Huge Supa-Puss といった競合製品との違いが気になるところです。

ソース: DOD - Rubberneck Analog Delay
参考: DOD (Instagram)
DigiTech - FS3X 3-Button Footswitch
サウンドハウス - DOD 一覧

関連記事
DigiTech CabDryVR 発表。独自のIR を使ったキャビネットシミュレータ、ギター&ベース対応

サムスンがハーマンを80億ドルで買収。JBL、AKG、DigiTech らがサムスン傘下に

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
WAY HUGE WHE-707 SUPA-PUSS ANALOG DELAY ...
価格:25200円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Electro Harmonix Deluxe Memory Boy 【特価】 ...
価格:21600円(税込、送料別) (2017/1/19時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Electro Harmonix Deluxe Memory Man 1100-TT
価格:56160円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)