ページ

2017/02/09

エレハモから新作ディレイCanyon Delay & Looper。メモリーマンなど11モード搭載、タップテンポとTrails にも対応


エレハモことElectro-Harmonix が、新製品Canyon Delay & Looper を発表しました。

同社の名機Deluxe Memory Man を含む9種類のサウンドと、サンプル&ホールド機能、さらにはルーパー機能も備える、多機能デジタルディレイです。




搭載するモードは、
  1. ECHO: デジタルディレイ
  2. MOD: モジュレーテッドディレイ
  3. MULTI: マルチタップディレイ
  4. REVRS: リバースディレイ
  5. DMM: デラックスメモリーマン
  6. TAPE: テープディレイ
  7. VERB: リバーブ+ディレイ
  8. OCT: オクターブディレイ
  9. SHIM: シマー
  10. S/H: サンプル&ホールド
  11. LOOP: ルーパー(最大62秒)

コントロールは、ディレイ音の音量を調節するFX LVL、ディレイタイムを設定するDELAY (5ミリ秒~3秒)、ディレイ音の数を決めるFEEDBACK、モードを選ぶMODE の4個。

FX LVL は、時計の2時を超えたあたりからドライ音が小さくなってゆき、そのまま右に回しきるとディレイ音のみになります。

なおS/H モードとLOOP モードのみ、FX LVL を最大にしてもドライ音は残ります。

またフィードバックノブは、S/H モードではピッキングの検出感度を、ルーパーモードでは録音したループの音量を設定します。

さらにディレイノブとフィードバックノブには2つ目の機能があり、各モードのサウンドを詳細に調節可能です。


ノブの中央にあるミニスイッチでは、タップテンポ機能使用時の、ディレイ音の分割タイミングを選択。

ボタンを押すたびに分割タイミングが変わり、それに合わせてLED の色も変わります。

色とタイミングの内訳は、

  • レッド:4分音符
  • オレンジ:付点8分音符
  • グリーン:8分音符

そのタップテンポ機能は、本体のフットスイッチと、TAP IN 端子(モノラルフォン)に接続した市販のモーメンタリースイッチ(ノーマリーオープン推奨)で使用できます。

本体のスイッチを使う場合は、素早く2回以上続けて踏みます。なお同時にエフェクトもオンオフする点には注意が必要です。

この本体でのタップ入力機能は、出荷時点で有効になっていますが、ユーザーの操作で無効化できます。また外部スイッチを接続すると自動で無効になります。

本体内部には、Trails 機能のオンオフを選ぶミニスイッチを配置。オンにすると、ペダルをオフにしてもディレイ音が途切れず、フィードバックノブで設定した通りに鳴り続けます。

そのほか入出力端子はともにモノラル。電源は付属の9V DC パワーサプライで動作。消費電流は150mA です。


Electro-Harmonix Canyon Delay & Looper は米国で3月発売予定。実売価格は139ドル。本記事の公開時点で、国内における発売時期と価格は未発表です。

多彩な機能と手頃な価格を兼ね備えたキャニオン。入出力がモノラルなのは少々残念ですが、BOSS DD-7 やTC Electronic Flashback の強力なライバルになりそうです。

ソース: EHX - Canyon Delay & Looper
参考: Electro-Harmonix (Facebook)
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
DOD Rubberneck 発表、最長1.5秒の多機能アナログディレイ。タップテンポ搭載、任意に発振可能

エレハモから新製品Blurst、タップテンポ対応のギター用モジュレーテッドフィルター

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
【ポイント7倍】【送料込】tc electronic/t.c.electroni...
価格:20217円(税込、送料無料) (2017/2/9時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Boss Digital Delay DD-7<ボス デジタルディレイ>【商品番...
価格:17500円(税込、送料別) (2017/2/9時点)