ページ

2017/02/16

エレハモOperation Overlord 発売、あらゆる電気・電子楽器に対応するステレオドライブペダル (追記)


エレハモが新製品Operation Overlord を発売しました。ギターやベース、キーボードなど、あらゆる電気・電子楽器に対応するドライブペダルです。




オペレーション・オーバーロードのコントロールは、ツマミがBass/Mid/Treble のアクティブ3バンドEQ と、Volume、Gain、Boost、Dry。Dry は原音と歪みの混ぜ具合を調節します。

入出力はともにステレオで、モノラル入力の分配も可能。また入力感度を3種類から選ぶミニスイッチを備え、出力レベルの異なる様々な楽器に対応します。



フットスイッチは右がメインのオンオフ。ノーマルモードとブーストモードを切り替える左スイッチには、ノイズのないサイレントスイッチを採用しています。

各モードのサウンドは、エレハモいわくノーマルが「3つのJFET ゲインステージによる真空管アンプのような歪み」、ブーストが「クラシックなペダルの歪み」。

ブースト回路はノーマルの前段に位置し、オンにすることでより深い歪みが得られます。また内部スイッチを切り替えることで単体でも使用可能です。

そのほかの主な仕様は、入出力インピーダンスが入力1M オーム、出力220オーム。消費電流90mA。電源は付属の9V DC パワーサプライで動作します。

 
(ノリノリで製品デモをする創業者の図)

Electro-Harmonix Operation Overload Allied Overdrive は米国で販売中。実売価格は147.80ドル。

幅広い楽器に対応するため、ライブはもちろんのことレコーディングでも重宝しそうです。

なおOperation Overload という製品名は、第2次世界大戦における連合国の作戦名でもあります。

ナチス・ドイツの占領下にあったヨーロッパへの侵攻作戦で、かの有名なノルマンディー上陸作戦もその一部です。

筐体に描かれた絵や、「連合オーバードライブ」という二つ名も、その作戦にちなんだものと思われます。

ちなみに公式デモ動画で、エレハモ創業者のマイク・マシューズ氏が叫んでいる内容は、「オーバーロード作戦はあの時代のハイライトじゃった。ソ連のジューコフ司令官はスターリングラードでナチをブチのめし、我らがアイゼンハワーはノルマンディー上陸作戦を決行した。D-デイ!」

4月24日追記:国内では4月下旬発売予定。実勢価格は税込2万2900円前後です。

ソース: EHX.com - Operation Overload
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
エレハモから新作ディレイCanyon Delay & Looper。メモリーマンなど11モード搭載、タップテンポとTrails にも対応

エレハモから新製品Blurst、タップテンポ対応のギター用モジュレーテッドフィルター

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。