ページ

2015/01/20

Mad Professor Old School 51RT 発表。2本のEL34で51W 出力のヴィンテージスタイル・シングルチャンネルアンプ


NAMM 2015 に向けて複数の新製品を発表したフィンランドのMad Professor。日本では高品質なエフェクターメーカーとして知られますが、Mad Professor Amplification という正式名称からも分かるようにギターアンプも製造しています。

そんなMP が新たに発表したのがOld School 51RT。パワー部にEL34管を2本搭載する51W 出力のエレキギター用アンプです。



Old School という名前通りヴィンテージサウンドを狙ったシングルチャンネルアンプで、リバーブとトレモロも搭載。製品名のRT はReverb とTremolo を指すのかもしれません。

コントロールは左からGain、Treble、Middle、Bass、Presence、Reverb、Depth、Speed、Master。Gain の右にはLo/High Gain スイッチを備えます。

真空管は12AX7 (ECC83) x 5、EL34 x 2。ラインナップはヘッド、112コンボ、212コンボの3種類を用意します。

価格や発売日は、同時に発表したSimble Predrive およびEvolution Orange Underdrive とともに1月22日からのNAMM ショウで明らかになる見込みです。

ソース:Mad Professor (Facebook)
参考:MusicRadar

関連コンテンツ