ページ

2015/01/24

Suhr Reactive Load 発表、ギターアンプの出力をライン信号化するDI & ダミーロード


Suhr が新製品Reactive Load を発表しました。フルチューブギターアンプの出力をライン信号に変換するデバイスで、ダミーロード機能も備えサイレント・レコーディングを可能にします。



主な仕様は最大許容入力100W、インピーダンスは8オーム固定。

端子類はアンプからの入力端子、キャビネットへのスルー出力端子、アンバランスフォンとバランスXLR のDI/ライン出力端子。

前面パネルにはDI/LINE 端子からの出力レベルを調節するノブを備えます。

寸法と重さはW22.4 x D22.6 x H9.1cm、約3kg。

活用法としては、レコーディングの際にキャビネットとラインの両方のサウンドを録音する、ライブの際にステージ上のアンプをモニターにして客席にはPA に送ったライン信号を流す、エフェクトループのないアンプを繋いでライン出力>エフェクター>パワーアンプと出力する、といったことが考えられます。


なお注意点として、この製品はフルチューブアンプの出力信号を熱に変換してゼロにするダミーロード機能はありますが、音量を下げるアッテネーター機能はありません。

スピーカー出力端子に「スルー」と書いてあるのはそれが理由で、キャビネットを繋ぐとダミーロード機能はキャンセルされ、アンプで設定した音量がそのまま出力されます。

Suhr Reactive Load の標準価格は399ドル(4万7000円)。発売日は未発表です。

ソース:Suhr

関連コンテンツ