ページ

2015/08/06

MESA/Boogie Mini Rectifier にはRev.A とRev. B の2種類が存在、中身と背面に違い


MESA/Boogie の小型アンプヘッドMini Rectifier 25 には、初期型のRev.A と、一部の仕様を変更した後期型のRev.B という2種類が存在します。

外観上の違いは、背面にエフェクトループのバイパススイッチがあるのがA、無いのがBです。

後期型のループは、センド/リターン端子にケーブルを挿さなければ自動的にバイパスされます。


(Rev.A)

(Rev.B)

また初期型の使用環境によっては10W モードで発振するという問題も、後期型では改善されています。

家電製品でも販売中の仕様変更、いわゆるランニングチェンジは珍しくありませんし、メサも初期型の発振はリコールするほどの問題ではないと考えたのかもしれませんが、ユーザーとしては把握しておきたい変更のように思えます。

ミニレクチの発売は2011年末。後期型に変わったのは2013年頃のようです。

ソース: The Boogie Board - Mini Recto FX Loop Hard Bypass
(2番目の投稿でメサのサポートが回答しています)
参考: MESA/Boogie

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。