ページ

2015/08/01

Origin Effects、Cali76 とSlideRIG の小型版を発売。UREI 1176 サウンドを目指したペダル型FET コンプレッサー


英国のエフェクターメーカーOrigin Effects が、コンプレッサーペダルの新製品5モデルを発売しました。

同社が従来から販売している、UREI 1176 サウンドを目指したCali76 & SlideRIG シリーズの小型版です。



新製品のラインナップは、ギター用のCali76-C (Compact) とCali76-CD (Compact Deluxe)、スライドギター用のSlideRIG-C とSlideRIG-CD、ベース用のCali76-CB (Compact Bass)。

外観上の違いはノブの数のほか、Cali76-CD とCB はエフェクトON/OFF 表示とゲインリダクションメーターを兼ねた大型のジュエルランプを備えます。


各モデルを見てゆくと、まずギター用のCali76-C のコントロールは、入出力レベル調節のIN とOUT、アタックとリリースを同時に調節するATT/REL、圧縮量をHIGH とLOW の2種類から選ぶRATIO スイッチの4つ。

上位版のCD はアタック、リリース、レシオに個別のノブが与えられているほか、エフェクト音と原音の混ぜ具合を調節するDRY ノブも備えます。


スライドギター用のSlideRIG は、Little Feat のギタリストLowell George の、2台のUREI 1176 を直列接続したサウンドを目指したペダル。コンパクトな筐体に2系統のコンプレッサー回路を収めています。

Deluxe のつかないSlideRig-C のコントロールはIN、OUT、BLEND の3つ。BLEND は2つのコンプレッサー回路の混ぜ具合を調節し、左に回すとシングルステージ、右に回すとデュアルステージになります。

CD は無印のBLEND ノブをSTAGE 1 とSTAGE 2 に分けるとともに、DRY ノブも備えます。


ベース用はCali76 Compact Bass 1種類のみ。コントロールはIN、OUT、DRY、HPF、ATT/REL、RATIO の6つ。

このうちHPF (ハイパスフィルター)は、サウンドの低域が圧縮されて失われないように、高域にのみエフェクトを掛けるためのコントロールです。

このノブを右に回すほど、より高い周波数帯域にのみコンプレッションがかかるようになり、「自然な低域と精密にコントロールされた高域が得られます」(by Origin Effects)。



そのほか共通する主な仕様は、100% Class-A ディスクリート回路、サイレントスイッチング、シグナルコンディショニング・バイパスモードなど。

製品ページにトゥルーバイパスという言葉がないことと、「シグナルコンディショニング」という言葉から、バイパス方式はバッファードバイパスと思われます。

電源は9-18V DC に対応。消費電力は9V で77mA、18V で104mA。"Designed and built in England" です。



各モデルの直販価格は、Cali76-C が279ドル(約3万4500円)、SlideRIG-C が299ドル(約3万7000円)、Cali76-CD、SlideRIG-CD、Cali76-CB が379ドル(約4万7000円)。大型筐体の従来モデルも販売を継続します。

なお執筆時点で今回の新モデルは国内代理店の宮地楽器のサイトには未掲載です。

ソース: Origin Effects Official / Facebook
参考: 宮地楽器 - Origin Effects

関連記事
Origin Effects Cali76 に限定100台のゲルマニウムトランジスタモデル。UREI 1176 サウンドのペダル型コンプレッサー

ブログの更新情報などはTwitter @gear_otaku でお伝えしています。

関連コンテンツ