ページ

2015/09/09

Electro-Harmonix KEY9 正式発表、エレキギターをFender Rhodes やWurlitzer にするエレピ・エミュレーター (追記)


Electro-Harmonix が新製品KEY9 Electric Piano Machine を発表しました。エレキギターでフェンダー・ローズやウーリッツァーといったエレクトリック・ピアノのサウンドを出すためのコンパクトペダルです。




KEY9 のコントロールは、黒いノブのDRY VOL、KEYS、CTRL 1、CTRL 2 と、白いノブのサウンド選択用ロータリースイッチ。

DRY VOL はギターの原音(ドライ音)の音量を、KEYS はキーボード(エフェクト音)の音量を調節。CTLR 1と2は選んだサウンドによって効果が変わります。

搭載するサウンドプリセットは:

  1. DYNAMO: 「Dyno My Mod」が施された1970年代から80年代のFender Rhodes サウンド。CTRL 1 で低音を、CTRL 2 で金属的な高音の響きをコントロール。
  2. WURLI: クラシックなWurlitzer サウンド。CTRL 1 でトレモロの深さを、2 で速度を調節。
  3. SUITCASE: フェンダーローズとフェイザーを組み合わせたサウンド。CTRL 1で低域のオクターブと高域の響きを、2でフェイザーのスピードを調節。
  4. MALLETS: ウッドマリンバ(大型の木琴)のエミュレート。CTRL 1でコーラスエフェクトの深さを、2でスピードを調節。
  5. EIGHTY EIGHT: Fender Rhodes 88 と内蔵トレモロのエミュレート。CTRL 1でトレモロの深さ、2で速度を調節。
  6. TRI-GROLIOUS: Dytronics/Dyno My CS-5 Tri Stereo Chorus のエミュレート。CTRL 1でコーラスの深さを、2で速度を調節。
  7. VIBES: Vibraphone (大型の鉄琴)と内臓トレモロのエミュレート。CTRL 1で高域のアタックを、2でトレモロの速度を調節。
  8. ORGAN: タッチに繊細に反応するパーカッシブなオルガンサウンド。CTRL 1で高域を、2でロータリースピーカーの速度を調節。
  9. STEEL DRUMS: スティールドラム(スティールパン)のエミュレート。CTRL 1でコーラスの深さを、2で速度を調節。

その他の主な仕様は、バッファードバイパス、DRY とKEYS (ウェット)の2つの出力端子、消費電流100mA など。電源は9V DC のパワーサプライが付属。電池駆動はできません。

Electro Harmonix KEY9 の価格や発売日は未発表。参考までにエレハモが従来から販売しているオルガンマシンB9 とC9 の実売価格は、米国で220ドル、日本では3万円前後です。

9月14日追記:国内では10月上旬発売予定。実売価格は税込3万5000円前後です。

ソース:EHX.com - KEY9
参考:キョーリツコーポレーション - EHX KEY9

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
Electro Harmonix 《エレクトロ・ハーモニックス》 KEY9 El...
価格:25380円(税込、送料無料) (2017/2/21時点)