ページ

2016/01/06

エレハモからロータリースピーカーエミュレーター2モデル、コンパクトなLester K とコンプレッサーつきのLester G (追記)


エレハモことElectro-Harmonix が、新製品Lester K とLester G を発表しました。ともにロータリースピーカーのサウンドを再現するエフェクターです。




サイズが小さい方のLester K は、基本的にオルガンなどのキーボード向けペダルですがエレキギターにも対応します。

フットスイッチは右でエフェクトのオンオフを操作。左は踏むたびにFast モードとSlow モードを切替えられるとともに、0.5 秒以上踏み続けるとBrake モードを起動できます。

Brake モードにすると、徐々にロータリーエフェクトの速度が落ちてゆき、最終的に停止=エフェクトオフになります。



ノブは音量調節のVol、ロータリースピーカーの真空管アンプの歪みを再現するDrive、Slow モードとFast モードのスピード調節、高域用ホーンシミュレータと低域用ローターシミュレータの音量バランスを調節するBalance。

そのほかの主な仕様はステレオ出力、エクスプレッションペダル対応。バイパス方式はバッファードバイパス。電源は9V センターマイナスのアダプタが付属します。


大きい方のLester G は、Lester K の全機能に加えてコンプレッサーを内蔵するエレキギター向けの製品。

コンプのコントロールはAttack とSustain の2つのノブに加えて、コンプレッションの強さをNormal (通常)とSquash (強) から選ぶボタンを備えます。

またロータリーエフェクト用には、Slow とFast を切り替える際の変化の早さを調節するAccelaration ノブを追加搭載。最小ではゆっくりと変化し、最大では一気に変わります。

そのほかバッファードバイパスと電源アダプタが付属するのはK と同じです。



価格はLester K が237ドル、Lester G が298ドル。米国では本日から出荷です。

1月20日追記:国内では2月上旬に発売予定。税込実勢価格はK が3万1000円前後、G が3万8000円前後です。

ソース: EHX.com - Lester K / Lester G
サウンドハウス - エレクトロ・ハーモニックス一覧

関連記事
ハモンドからギター用レスリーシミュレータLeslie G Pedal。3種類のキャビネットモード搭載、プリセット可、ステレオ出力対応

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。


関連コンテンツ