ページ

2016/04/19

ギターの音をプロファイリングするコンパクトペダル、Positive Grid が意見を募集中


アンプモデリングソフトBIAS Amp で知られる米Positive Grid が、エレキギターの音をプロファイリングするコンパクトペダルについて意見を求めています。

愛用のギターの音を保存しておけば、借り物のギターでも愛器の音を鳴らせるとのこと。いわゆるギター版Kemper のような存在です。

似た製品としては、Line 6 がストラトやレスポール、アコギなど様々な音を鳴らせるモデリングギターVariax を販売していますが、Positive Grid のペダルは実在するギターの音を分析(プロファイリング)して、他のギターに適用できる点が大きく異なります。

またギターを選ばない単体ペダルなので、5000円の激安ギターで1959年製レスポールの音を鳴らすことも理論上は可能です。

このペダルは今のところ構想段階で実際に開発するかも決まっていませんが、現時点で予定している主な仕様は:

  • Guitar types : T-type / S-type / LP-type / SG-type / Metal-type / Semi-Hollow / Archtop / Dreadnought / Jumbo / Custom
  • 3 control parameters: Bottom (Low EQ), Top (High EQ), Volume
  • Connect to iPad or desktop via Bluetooth & USB
  • 1 in 1 out , 1 x 9v input , 1 x USB type B

またPG のFacebook では、どのような機能を搭載すべきかなど意見を募集しています。

この手の技術が高度化し一般化した暁には、ギター選びのチェックリストから「音」という項目がなくなるかもしれません。