ページ

2016/09/24

Darkglass Microtubes 900 発売。出力900W の小型軽量ベースアンプ、B3K とVMT を内蔵 (追記)


フィンランドのベースエフェクターメーカーDarkglass Electronics が、初のベースアンプMicrotubes 900 を発売しました。

同社のベース用ドライブペダルB3K とVintage Microtubes を内蔵した、出力900W のクラスD ヘッドです。




Microtubes 900 は、今年1月のNAMM Show で披露した試作機Microtubes 700 の製品版。

操作系はほぼそのまま、出力が700W から900W へ強化されるとともに、多彩な入出力も追加されています。


基本サウンドは前面パネル右側の「クリーンセクション」で作り、左側の「マイクロチューブスセクション」で歪ませます。

クリーン側はGain とMaster に加えてBass、Low Mids、Hi Mids、Treble の4バンドEQ を搭載。2つのMids はともに周波数を3種類から選べます。

マイクロチューブス側のコントロールはDrive、Level、Tone、Blend の各ノブと、B3K モードとVMT (Vintage Microtubes) モードの切替ボタン、セクション全体のオンオフボタン。

入力端子はアクティブとパッシブに対応するほか、Master の上にはミュートボタンを備えます。


本体背面にはスピコンのスピーカー出力、Min-Load ボタン、XLR バランス出力(プリ/ポスト切替可能)、プリアンプ出力、パワーアンプ入力、フットスイッチ端子を配置。

Min-Load は出力パワーを変えるボタンで、スタンダードモード(4オーム)では900W/4Ω、500W/8Ω。2オームモードでは900W/2Ω、500W/4Ω、350W/8Ω。この機能によって様々なキャビネットに対応できます。

付属の専用フットスイッチは、1度踏むとマイクロチューブスセクションのオンオフ、3秒踏み続けるとミュート。アンプとは市販の楽器用ケーブルで接続します。

本体の寸法と重さは26.7 x 23 x 6.4cm、2.9kg。電圧は100V から250V に対応します。


Darkglass Microtubes 900 は各国の販売店へ出荷中。欧州での実勢価格は999ユーロ。

高品質なエフェクターで知られるダークグラス初のアンプということで、世界的に注目を集めそうです。

11月26日追記:国内では12月発売予定。実勢価格は税込12万8000円前後です。

ソース: Darkglass Electronics - Microtubes 900

関連記事
Fractal Audio がプラグイン版Axe-Fx を開発中、発売は「間もなく」

Darkglass Microtubes 700 は999ドル前後で7月発売、出力700W の小型軽量ベースアンプヘッド

Pike Amplification Vulcan シリーズ発売、3Leaf Audio 創業者によるベース特化のオーバードライブ&プリアンプペダル

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。