ページ

2016/12/03

Supro 1310 Tremolo 発表。スプロとフェンダーの2モード、出力トランス搭載のトレモロペダル


米国のギターアンプメーカーSupro が、トランス搭載エフェクターの新製品1310 Tremolo を発表しました。

1960年代のスプロアンプとフェンダーアンプのトレモロサウンドを、コンパクトな筐体に詰め込んだペダルです。




1310のコントロールはGain、Depth、Speed の3ノブと、モードをAMPLITUDE とHARMONIC から選ぶミニスイッチの計4つ。

Gain はプリアンプ段のゲインを調節し、出力段のトランスをプッシュすることでアンプライクなサチュレーションが得られます。

またSpeed はノブに加えて市販のTRS エクスプレッションペダルでも操作可能です。



2つのモードは、Amplitude が古いスプロアンプのトレモロエフェクトを再現。真空管のバイアス可変による伝統的なトレモロサウンドです。

もうひとつのHarmonic は、フェンダーのブラウンフェイスとブロンドアンプが搭載していたサイケデリックなトレモロサウンドを鳴らします。

そのほか端子類は最近流行のトップマウント方式を採用。フットスイッチはクリック音のしないノイズレスタイプで、バイパス方式はトゥルーバイパスです。

電源は9V 乾電池とパワーサプライに対応。消費電流は30mA。同社の他のペダルと同じく、電池は本体側面の引き出しに入っており簡単に交換できます。


Supro 1310 Tremolo の米国での実勢価格は229ドル前後。発売はクリスマス頃を予定。国内では代理店のサウンドハウスが取り扱っています。

トレモロとしては高価な部類に入りますが、トランスの搭載など見えないところにこだわった粋な一品です。

ソース: Supro - 1310 Tremolo Pedal
サウンドハウス - Supro Tremolo Effect Pedal

関連記事
Supro 1305 Drive Pedal 発表、出力トランス搭載の本家謹製スプロ系オーバードライブ

Supro Fuzz 発表。アクティブ2バンドEQ 搭載、「ファズフェイスとビッグマフとトーンベンダーの良いとこ取り」なファズペダル

BOSS TR-2 トレモロ、現行品は音量調節用トリムポットを内蔵?

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。