ページ

2017/01/19

DigiTech CabDryVR 発表。独自のIR を使ったキャビネットシミュレータ、ギター&ベース対応 (追記)


デジテックが新製品CabDryVR を発表しました。独自製作のIR を使った、ギター&ベース用キャビネットシミュレータです。



搭載するキャビネットモデルは、ギター用とベース用ともに7モデルずつ。本体上部のミニスイッチでいずれかを選び、A とB のツマミでキャビネットモデルを選びます。

入出力はそれぞれA とB の2系統あり、モノラル入力を分配することも可能。またB をDry に合わせるとキャビネットモデルを無効化できるので、出力A をキャビシム経由でミキサーにつなぎ、出力B はドライなままアンプにつなぐといった使い方もできます。


キャビネットモデルの内訳は、

ギター用
  • Vintage American 2x12"
  • Vintage British 2x12"
  • British Green Slant 4x12"
  • British Straight 4x12"
  • Heavy American 4x12"
  • Smooth Custom 4x12"
  • Small Combo 1x8"

ベース用
  • Flexy 1x15"
  • Basic 1x15"
  • Big Blue 1x18"
  • AmeriTweed 4x10"
  • Gold Diamond 4x10"
  • Vintage Fridge 8x10"
  • Blonde Basement 2x12"

そのほかフットスイッチはトゥルーバイパス。消費電流は75mA。電源はパワーサプライ専用で電池駆動はできません。



デジテックCabDryVR は2017年3月発売予定。米国での実売価格は149.95ドル。

外部IR が読み込めないのは残念ですが、従来のアナログフィルターとは異なる、IR ならではの高品質なサウンドを期待したいところです。

2017年5月18日追記:国内では5月20日(土)発売。実勢価格は税込2万1600円前後です。

ソース: DigiTech - CabDryVR
参考: DigiTech (Instagram)
サウンドハウス - DigiTech 一覧

関連記事
DOD Rubberneck 発表、最長1.5秒のアナログディレイ。タップテンポ搭載、任意に発振可能

サムスンがハーマンを80億ドルで買収。JBL、AKG、DigiTech らがサムスン傘下に

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
DIGITECH CabDryVR Dual Cabinet Simulator キャビネットシミュレーター
価格:21600円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)

関連コンテンツ