ページ

2017/01/12

ギブソンS シリーズ正式発表、実売399ドルからの激安アメリカ製ギター


ギブソンが新製品S Series を正式発表しました。実売399ドルからの安価なアメリカ製ギターで、海外の楽器店では昨年末から販売されています。

ラインナップはレスポール系が3モデル、SG とファイヤーバードが各1モデルの計5モデル。いずれも多彩なカラーバリエーションを揃えます。



値段の安い順に見てゆくと、最も安価なのはレスポール/メロディーメイカー系のM2。

フラットなソリッドポプラボディにメイプルセットネックという、ギブソン製品では珍しい木材の組み合わせです。

主な仕様は、電装系がGibson Pro-Bucker ピックアップ x2、マスターボリューム、マスタートーン、3ウェイPU セレクター。

ハードウェアはバダス風のアジャスタブル・ラップアラウンドブリッジ、コンパクトなミニボタンチューナー、テクトイドナット。

フィニッシュはエボニー、ファントムグレイ、シトロングリーン、ティール、ストロベリーミルク、ブライトチェリーの6色を用意。

新開発のLight Gloss True Nitro Finish によって、豊かなボディ鳴りと美しいエイジングが楽しめるとしています。

米国ではアマゾン限定モデルとして、エボニーが499ドル、他5色が399ドルで販売中です。


2番目に安いのは、499ドルのFirebird Zero。リバースのファイヤーバードをそのまま反転させたような、ユニークなボディシェイプのギターです。

木材はM2 と同じくポプラボデイとメイプルネックの組み合わせ。またブリッジとチューナーもM2 と同じですが、ピックアップはアメリカで製造する新開発のDS-C とDS-C+ (ともにセラミックマグネット)を搭載します。

フィニッシュはフロストブルー、エボニー(ピックガード違いで2モデル)、ペルハムブルー、フェイデッドペルハム、カーディナルレッド、ヘザー、ゴールドミスト、ゴールドミストパール、ブラックベリー、ブラックチェリーの全11色です。


3番目に安いのは、599ドルのSG Fusion。ネックこそメイプルですが、ボディには伝統のマホガニーを採用します。

そのほかピックアップ、ブリッジ、チューナーはファイヤーバードゼロと同じです。

フィニッシュはチェリー、エボニー、ブライトチェリー、オレンジソリッド、スノーホワイト、ライトグリーン、アーティックアイス、ワインレッドソリッドの計8色から選べます。


4番目は699ドルのLes Paul Custom Special。木材はコンターつきのソリッドマホガニーボディにメイプルセットネック、ローズウッド指板という組み合わせです。

またハードウェアはSG Fusion と同じですが、ピックアップがポールピースの見えないカバードタイプになっています。

カラーはエボニー(ピックガードの違いで2モデル)、ラディアントレッド、ペルハムブルー、ライトグリーン、ワインレッドソリッド、ローズゴールド、チタニウムグレイの計8色です。


最後は899ドルのLes Paul Custom Studio。最上位モデルらしく、ハイポジションのアクセスを容易にするスカーフド・ヒール加工や、軽量化のための9ホール・ウェイトリリーフなど、様々な工夫を盛り込んでいます。

主な仕様はスワンプアッシュボディ、メイプルセットネック、ローズウッド指板、新開発の米国製DS-A5 & DS-A5+ ピックアップ(ともにアルニコ5)、ABR スタイルのブリッジとストップバー。

カラーはチャコールブラック、ウィスキーゴールド、バーガンディプラム、スカーレット・レッド、デニムブルー、レプタイルグリーン、ウォーンエボニーの7種類。いずれも杢目の見えるナイトロサテンフィニッシュです。


アメリカ製のギブソンとしては驚異的に安いS シリーズ。おそらく搭載する部品の大半はアジア製と思われますが、本家ギブソンが気軽に入手できるのは嬉しいところです。

またここ数年のギブソンは内外価格差が少ないため、国内価格にも期待できそうです。

ソース: Gibson.com - New Gibson USA 2017
参考: Amazon.com - Gibson M2

関連記事
ギブソンがエレキギターの新製品を公開、左右非対称のダブルカッタウェイボディに24フレットネックを搭載

スクワイアから2017年モデル、2万円を切るジャズマスターやムスタングなどが発売に

ギブソンLes Paul Tribute T 2017 発売、実売8万円台のアメリカ製レスポール

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。



関連コンテンツ