ページ

2017/01/12

VOX MV50 発表。次世代真空管Nutube 搭載、出力50W の小型軽量ハイブリッドギターアンプ (追記)


コルグ傘下のギターアンプブランドVOX が、新製品MV50 を発表しました。次世代真空管Nutube を使った、小型かつ軽量なギターアンプです。




Nutube はコルグとノリタケ伊勢電子が共同開発した新しい真空管。ノリタケの蛍光表示管技術を応用することで、従来の真空管と同じ構造を持ちつつ大幅に小型化・省電力化しています。

MV50 は、そのNutube を使った100% アナログのプリアンプと、クラスD パワーアンプを組み合わせたハイブリッドアンプ。

片手で簡単に運べる軽量コンパクトな筐体から、最大50W の大音量を放出します。


ラインナップはクリーン特化のClean、VOX サウンドのAC、ハイゲインなRock の3モデル。いずれもヘッド型で、マッチングキャビネットも用意します。

またAC とRock のみ、真空管パワーアンプの負荷変動特性を再現する回路を搭載。チューブアンプのような歪みとダイナミクスをプレイヤーに提供します。


コントロールは全モデル共通でAC とRock がGain、Tone、Volume。Clean がTreble、Bass、Volume。

そのほかVU メーター、ヘッドフォン/ライン出力(キャビネットシミュレータ回路搭載)、スピーカー出力、インピーダンス切替スイッチ(4/8/16オーム)、EQ スイッチ、電源スイッチなどを備えます。

寸法と重さは幅135 x 奥74.5 x 高100mm、500g。電源は付属のDC19V アダプターで供給し、消費電力は3.43A です。


マッチングキャビネットは8インチ1発のBC108 と、12インチ1発のBC112 の2種類。BC112 のスピーカーはセレッションV-Type です。


VOX MV50 シリーズの発売時期は、ヘッドとBC108 の各単品と、その2つを組み合わせたセットが2017年3月下旬。BC112 が2017年4月下旬。価格は本記事の公開時点で未発表です。


おそらくNutube を使った初の市販製品となるMV50。今後の搭載製品の拡大に期待したいところです。

3月25日追記:国内では本日発売。実勢価格はヘッドが2万1600円前後、8インチキャビネットとのセットが2万8000円前後です。

ソース: VOX - MV50
参考: KORG - コルグ/KID関連 NAMMショー出展製品のお知らせ
KORG - Nutube

関連記事
HeadRush Pedalboard 発表、Avid Eleven Rack 開発チームによるアンプシミュレーター兼マルチエフェクター

Mooer が新製品Micro Preamp 公開、マイクロサイズのSansAmp クローン?

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
VOX 《ヴォックス》MV50 ROCKSET【あす楽対応】【送料無料!】
価格:28080円(税込、送料無料) (2017/3/25時点)