ページ

2017/01/23

MXR Sub Octave Bass Fuzz 発表、クリーンミックス機能搭載のベース用オクターブファズ


MXR が新製品Sub Octave Bass Fuzz を発表しました。クリーンミックスが可能なベース用オクターブファズです。




Sub Octave Bass Fuzz は、同社のベース用オクターバーBass Octave Deluxe のGrowl モードと、「長きに渡り忘れ去られていたファズ回路」(by MXR) を組み合わせて生まれた製品。

入力音に1オクターブ下の音を加えることで、MXR いわく「雷鳴のようなローエンドと、大地を揺るがすファズサウンドを提供」するとのことです。

コントロールはドライ用、オクターブ用、ファズ用の3つに分かれています。

順に見てゆくと、まずドライ用はDry とMid+ の2つ。前者はドライシグナル(=原音)の音量を調節。後者はプラスと付いている通りブースト専用の中域コントロールです。

Octave はサブオクターブの音量を設定。専用のフットスイッチでファズとは別にオンオフできます。

ファズのコントロールはBass とTreble のほか、音量と歪みの量を調節するGain とFuzz、ファズのキャラクターを選ぶミニスイッチを搭載。

ミニスイッチでは、コンプレッションの効いた温かみのあるファズと、ブライトでアグレッシブなファズの2種類を切り替えます。


MXR Sub Octave Bass Fuzz の米国での実勢価格は199ドル。

NAMM の動画を観る限りでは、ファズにとどまらず幅広いドライブサウンドを作り出せる、使い勝手の良いペダルのようです。

ソース: MXR - M287 Sub Octave Bass Fuzz
参考: MXR - Bass Octave Deluxe M288
サウンドハウス - MXR 一覧

関連記事
MXR Dyna Comp Mini 発表。メタルカンIC 採用、アタックタイム選択可能なミニダイナコンプ

Way Huge Russian Pickle 発売、シンプルな操作系のロシアンマフ系ファズ

MXR がEQ をアップデート、ノイズリダクション内蔵&トゥルーバイパス化。半止めワウのQ Zone も一新

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。


関連コンテンツ