ページ

2017/04/27

Kiesel / Carvin が安いのは囚人を雇っているから、という噂は「完全なデマ」


米Kiesel Guitars (旧Carvin Guitars) が安いのは囚人を雇っているから、という噂が一部のネット上で語られています。

そこでKiesel に直接確認したところ、「完全なデマ」と回答がありました。



筆者がざっくり調べたところ、この噂は2006年に、匿名掲示板2ちゃんねるのCarvin アンプスレッドに書き込まれたのが発端のようです。

該当のレスを引用すると、

「アメリカではピービーとカービンが刑務所の囚人を使用する権利を有している。結果、販管費の大部分を占める人件費が抑えられる。ソースはある楽器輸入業者さん。たしかにあの二社はmade in usaでも安いよね。」

とのことです。

ちなみに2006年当時のPeavey とCarvin には、代理店がサウンドハウスという共通点があります。

仮にソースの楽器輸入業者が存在するとするならば、サウンドハウスは海外メーカーの商品を直輸入し、国内代理店経由の商品よりも安く販売しているため、それを快く思わない業者による発言(もしくは業者自身による一般人を装った書き込み)という可能性も考えられます。

なおCarvin / Kiesel が安いのは、創業以来一貫して、販売方法を直販に限定しているからです。これは一部の国を除き、お膝元であるアメリカでも同じです。

一方でPeavey については、2000年代初頭に、代理店がパール楽器からサウンドハウスに変わった際に価格が大幅に安くなったことから、Carvin ともども犯罪者を使っていることにされたのかもしれません。

Peavey が安くなった理由としては、サウンドハウスが直販専門で、他の楽器店に卸していないため、楽器店の上乗せ分が無くなったことが大きいと思われます。

これは数年前に、Peavey の代理店がサウンドハウスからキョーリツコーポレーションに変わった際に、価格が大幅に上がったことが裏付けています。(現在の代理店は逸品館)


そもそも誰が書き込んだのかわからず、ソースも確認できない匿名掲示板のレスを検証することほど無駄なことはありませんが、今回当事者から直々に回答を得られたことで、この噂に終止符が打たれたことは収穫です。

参考: 2ちゃんねる - 【V3】CARVINアンプ【LEGACY】(レス98)
ニコニコ大百科 - うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい

関連記事
Carvin がギター・ベース部門を分離し新会社Kiesel Guitars を設立。多弦ヘッドレスギターもカスタムオーダー可能に

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。