ページ

2017/05/11

Seymour Duncan Andromeda Dynamic Delay 発売。128プリセット、MIDI 対応の多機能ディレイペダル


セイモアダンカンが新製品Andromeda Dynamic Delay を発売しました。

ピッキングの強弱に応じてサウンドが変化するDynamic Expression 機能や、128個のプリセット、さらにはMIDI にも対応する、多機能なデジタルディレイペダルです。



最大の特徴であるダイナミック・エクスプレッション機能は、ディレイ音と原音のミックスレベル、モジュレーション、サチュレーションのうちひとつを、ピッキングの強さでリアルタイムに変化させる機能。

例としてミックスを選ぶと、バッキング時はディレイ音を控えめにし、ソロでは大きく響かせるといったことが、エフェクターのツマミを触ることなく、ピッキングだけで操作できます。


ディレイの種類は、基本サウンドとしてデジタルとアナログの2種類があり、それぞれNormal、Ping Pong、Reverse、Reverse Pong の4モードを備えます。

そこへSaturation (歪み)、Modulation (コーラス/ビブラート)、Tone (高域)の各ツマミを組み合わせることで、多彩なサウンドを作り出すことが可能です。

コントロールは左のフットスイッチがメインのオンオフ。右はタップテンポ入力とプリセットの操作に使います。

プリセットは最大128個まで保存でき、選択中のプリセットは本体上部のディスプレイに表示されます。

本体背面にはメインの入出力端子(ともにステレオ)のほか、2つのMIDI 端子(入力/スルー)、電源端子を配置。

電源はセンターマイナスのDC 9V から18V に対応。消費電流は300mA。AC アダプタは付属しないので、別途用意する必要があります。

さらに本体側面にはUSB 端子を備え、本体のアップデートやPC を使ったプリセット編集が可能です。


Seymour Duncan Andromeda Dynamic Delay の米国実売価格は299ドル。同社のピックアップと同様に、カリフォルニア州サンタバーバラで製造します。

同じ価格帯にBOSS DD-500 やTC Electronic Flashback X4、Mooer Ocean Machine といった強力なライバルが存在する中、アンドロメダが独自の存在感を発揮できるのか、今後の評価が楽しみな製品です。

ソース: Seymour Duncan - Andromeda
サウンドハウス - ディレイ一覧

関連記事
BOSS がDD-500 とES-8 のエディターを提供開始、Windows / Mac 対応

エレハモから新作ディレイCanyon Delay & Looper。メモリーマンなど11モード搭載、タップテンポとTrails にも対応

Mooer とデヴィン・タウンゼンドがコラボ、空間系マルチエフェクターOcean Machine 発表

BOSS DD-500 Digital Delay 発表。MIDI 入出力対応、32bit 処理、トゥルーパイパス選択可能な次世代デジタルディレイ

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
tc electronic Flashback X4 Delay & Looper ギターエフェクター
価格:32184円(税込、送料無料) (2017/5/11時点)


関連コンテンツ