ページ

2014/02/06

Lovepedal から HERMIDA AUDIO DOVER DRIVE、エリック・ジョンソンのトーンを再現するドライブペダル(動画)


米国のエフェクターブランド Lovepedal が、ドライブペダルの新製品 HERMIDA AUDIO DOVER DRIVE を発表しました。

Eric Johnson の名曲 Cliffs of Dover にちなんだ名前を持つこのペダルは、オーバードライブとファズを合わせたようなクリーミーでスムースかつ太いサウンドを備えます。

ゲインを高めにしたリードサウンドが特徴ですが、ギターのヴォリュームとトーンを微調整することで多彩なサウンドを生み出せるとしています。

コントロールは本体表面のGain、Tone、Volume と内部のバイアストリマの計4つ。Gain は時計の9時の位置でブルージーなリズムサウンド、1時からはリードに最適なスムースでダイナミック、サステインの長いサウンドを得られます。

Tone はプレゼンスを増減。サウンドは10時以前で丸みを帯び、2時以降では明瞭さが加わります。

Volume はかなり高く設定されており、バイパス時と同じ音量にするには時計の8時から9時ほどの位置に設定します。

筐体内部のバイアストリマはマイナスドライバで設定。反時計回りに回すとシャープに、時計回りで太いサウンドになります。

バイパス方式はトゥルーバイパス。メイドインUSA。電源は9V 乾電池とDC9V センターマイナスのパワーサプライに対応。消費電力は10mA。

価格はLovepedal 直販価格199ドル。台数限定デザインです。

MXR もFET Driver というドライブペダルを発売するなど、BK Butler Tube Driver 系ペダルは密かにブームになりつつあるのかもしれません。

なおオーバードライブの名機 Zendrive で知られるHermida Audio ですが、現在はLovepedal の1ブランドになり、Zendrive もLovepedal が製造・販売しています。





関連コンテンツ