ページ

2015/01/22

BOSS、ベース用プリアンプペダルBB-1X Bass Driver発表。PA用ライン出力搭載、2軸ブレンドノブ採用


BOSS がベース用コンパクトペダルの新製品BB-1X Bass Driver を発表しました。プリアンプのようにベースの基本サウンドを作るためのペダルで、必要以上に個性を主張せず、「ベースやアンプ本体のサウンド ・ キャラクター、演奏者の個性を最大限に引き出す」としています。



コントロールは右からDrive、High、Low、2連のBlend ツマミ。Blend ツマミではダイレクト音とエフェクト音のブレンド量を調節します。

出力端子はベースアンプ用のOutput とPA に直接出力可能なLine Out の2種類を搭載。Line Out はTRS バランス出力で、音色も専用にチューニングされています。

サウンド面ではローランド独自のMDP (Multi-Dimensional Processing) で多角的にベースの信号を解析。

ボスいわく「自然な高精細ドライブサウンドとソリッドなロー・エンドを両立し、現代のベーシストの繊細な演奏ニュアンスに忠実に反応。ベース自体の個性を活かしながらワイドレンジかつ図太くコシのある今までにないベース・サウンドを提供します」


BOSS BB-1X Bass Driver は2015年2月7日(土)国内発売予定。価格は税別1万6000円です。

またすでに島村楽器が詳細なレビューをアップしていますので併せてどうぞ。

ソース:BOSS - BB-1X
サウンドハウス - ベース用DI / プリアンプ一覧


関連コンテンツ