ページ

2015/01/17

Eminence、トモ藤田モデルTF-1250 & 新エリック・ジョンソンモデルEJ-1240 スピーカー発表


米国のスピーカーメーカーEminence が2015年の新製品として、トモ藤田モデルTF-1250 と新しいエリック・ジョンソンモデルEJ-1240 を発表しました。ともに12インチのエレキギター用スピーカーです。


エミネンスによるTF-1250 の説明は、「世界的に著名なソロアーティストでバークリー音楽学校助教授のトモ藤田氏によってボイシングされた、タッチに繊細に反応し、ブライトかつチャイミーなヴィンテージアメリカントーンのスピーカー。タイトでパンチの効いた低域と、ナイスでフラットな中域を備えます。30オンスのセラミックマグネットによって小音量でもアンプのスイートスポットを見つけられます」

主な仕様はフェライト(セラミック)マグネット、周波数帯80Hz-4.4kHz、能率101.3db。インピーダンスは8オームのみ。重さは2.99kg。

マグネットにはトモ藤田氏のイニシャル(TF)由来のトレードマークが入っています。

発売は2015年2月。定価は104.99ドル。国内代理店のサウンドハウスでは税別1万1800円です。

サウンドハウス Eminence TF-1250

続いてEJ-1240 の説明は、「エリック・ジョンソン、ジョージ・アレッサンドロ、エミネンスがヴィンテージトーンを蘇らせるために再度タッグを組みました。再構成されたペーパーコーンと最適化されたバスケットデザインによって、この40W のEJ-1240 はタイトかつパンチの効いたロー、ナイスなローミッドのうなり、パリっとしたアッパーミッド、しっかり調整された明瞭でオープンなハイを備えるヴィンテージアルニコトーンを提供します」

主な仕様はアルニコマグネット、周波数帯80Hz-5kHz、能率100.7(8オーム)/100.6 (16オーム)db。ユニットの重さは3.81kg。

定価は259.99ドル。エミネンス公式サイトでは販売中ですが、今のところサウンドハウスでの取扱いは始まっていないようです。

米国のブティックアンプメーカーTwo Rock に続き、世界的なスピーカーメーカーのEminence からもシグネチャーモデルを発売するトモ先生。今後の益々のご活躍を願いたいと思います。


こちらは代表曲Just Funky のソロライブ動画。ジョン・メイヤーにピッキングを厳しく指導した方だけに、ダイナミックかつファンキーな素晴らしい演奏を聴かせてくれます。

また本ブログのエミネンス現行スピーカー解説記事も併せてどうぞ。

ソース: Eminence TF-1250 / EJ-1240 / EJ-1240-16