ページ

2015/01/21

Peavey Classic 20MH 発表、20W/5W/1W 可変出力のブルース・クラシックロック向けミニヘッド。ヘッドホン&マイクシミュレート出力搭載


ハイゲインサウンドが売りのミニ6505こと6505MH を発表したPeavey は、同時にブルース、カントリー、クラシックロック向けのClassic 20MH も発表しています。

6505MH 同様に出力を20W/5W/1W から選択できるほか、ヘッドホン出力やマイクシミュレート機能搭載のXLR/USB 出力なども備え、ステージと宅録の両方で活用できるミニアンプヘッドです。



Classic 20MH は1つのEQ を共有する2チャンネルアンプで、両チャンネルともにブースト機能を搭載。

チャンネル切り替え、リバーブとブーストのOn/Off、バッファードエフェクトループはフットスイッチで操作できます。

また6505MH と同じく、パワー管の寿命を確認できるTSI (Tube Status Indication) 機能、マイクシミュレート機能内蔵のXLR およびUSB 出力、Speaker Defeat 機能、ヘッドホン出力、スピーカー出力の8/16オーム切り替え機能も搭載します。

Peavey Classic 20MH の詳細は今月22日からの米国NAMM 2015 で発表される見込みです。

1/23追記:米国の楽器店Sweetwater で定価599ドル、販売価格499ドルで予約受付が始まりました。発売日は未定です。


こちらはClassic 20MH の元となったClassic シリーズから30W コンボのデモ動画。ポップス系バンドにも合いそうです。

ソース: Peavey - Classic 20 MH