ページ

2015/12/18

Floyd Rose から新製品Rail Tail Tremolo、「ハードテイルの安定性とトレモロの機能を兼備した」非ロック式ブリッジ (追記)


米国のギター用ブリッジメーカーFloyd Rose が、新製品Rail Tail Tremolo を発表しました。

ボディ上のレールを支点にベースプレートが動くことで、メーカーいわく「ハードテイルの安定性とトレモロシステムの機能を兼ね備えた」非ロック式のブリッジです。




昔ながらのトレモロユニットがボディへの固定用ネジを支点に動くのに対し、レイル・テイルは棒状のレールを支点に回るため、より滑らかに動作しチューニングの安定性も向上。


またトレモロブロックの取り付け位置を前後に調節できることも特徴で、ネック側に寄せると一般的なトレモロよりも最大で15度ほど深くダウンできます。なおRail Tail はアームダウン専用でアームアップはできません。


加えてブロック内の弦の通り道に角度をつけるとともに、ボールエンドをブロックの中心に収める構造にすることで、弦とブロックの接地面積を増やしています。

取り付けはレールをネジで固定してブリッジを被せるのみなので、多くの市販のギターに無加工で付けられるとのことです。


Floyd Rose Rail Tail Non-Locking Tremolo の価格や発売日は未発表。年明け1月のNAMM Show で展示予定です。

ダウンのみなのは残念ですが、取り付けが簡単ということもあり注目を集めそうな製品です。

12月22日追記:Rail Tail は米国のギター用ブリッジメーカーBoogie Rail Tremolos と共同開発した製品ということが分かりました。


Boogie Rails は2011年頃にレール式シンクロトレモロを発売した会社。今回の共同開発に伴いFloyd Rose 社の傘下に入ったようです。

また似た構造を持つブリッジとしては、日本のESP がFlicker-III を販売中です。


1980年代初頭に発売された初代フリッカーは、ヒンジを軸に回転するという独創的な構造を備えていましたが、当時はフロイドローズなどのロック式ユニットが人気を集めていたため目立つ存在ではありませんでした。


その後はナイフエッジ式を採用したFlicker-II を経て、2004年からは初代のヒンジ式を受け継いだIII が販売中です。

ソース: Floyd Rose
参考: Guitarplayer.com - Floyd Rose Releases Rail Tail Non-Locking Tremolo
Boogie Rail Tremolos (Facebook)
ESP - Flicker-III

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

ESP FLICKER-III / chrome
ESP FLICKER-III / chrome
価格:30,240円(税込、送料込)

ESP Custom Lab Fixed Bridge/Chrome [Parts]
ESP Custom Lab Fixed Bridge/Chrome [Parts]
価格:18,360円(税込、送料別)

関連コンテンツ