ページ

2016/01/19

Dunlop / MXR が2016年モデルを発表。ペトルーシ・ワウ、エコープレックス系ディレイ、リバーブ、ミニボリュームペダルにタップテンポスイッチ (追記)


Winter NAMM の開幕が迫る中、米国のエフェクターメーカーDunlop Manufacturing とその傘下のMXR が新製品を発表しました。

新たにワウ、ディレイ、リバーブなど5モデルがラインナップに加わります。



順番に見てゆくと、まず銀色に輝く筐体が目を引くJP95 John Petrucci Cry Baby は、ペトルーシが長年愛用するラック型クライベイビーのセッティングを元に作られたワウペダル。


ペダル内部にはラック版と同じボリューム、Q、6バンドEQ の各コントロールを備え、好みのサウンドを追求可能。工場からはペトルーシ指定のセッティングで出荷されます。

EP103 はEchoplex EP-3 テープエコーのサウンドを目指したディレイペダル。

主な仕様はディレイタイムが40ミリ秒から750ミリ秒。Tap 端子へ後述のタップテンポスイッチをつなぐと最大4秒まで伸びます。

コントロールはVolume、ディレイタイム設定のDelay、リピート回数設定のSustain。このうちVolume ノブはプッシュボタンになっており、押すたびに新品テープのクリアなサウンドと、使い込んだテープの深いモジュレーションがかかった歪みっぽいサウンドを切り替えられます。

入出力端子はともにステレオに対応。エフェクト音のみを出力する100% ウェットモードも備えます。

バイパス方式はトゥルーバイパスとTrails つきバッファードバイパスから選択可能です。

MXR Reverb は、Plate、Spring、Epic、Mod、Room、Pad という6種類のサウンドを備えるデジタルリバーブ。

聞き慣れない名前のEpic とPad は、前者が「アナログ風ディレイラインと複雑なモジュレーションのミックス」、後者が「サブオクターブ+エコーつきアッパーオクターブ+Shimmer+シンセ/オルガンモジュレーション+リバーブ」(by MXR)



入出力端子はステレオに対応し、エフェクト音のみを出力する100% ウェットモードも搭載。原音はデジタル変換されない100% アナログドライ仕様です。

また本体左下のエクスプレッション端子にDunlop DVP シリーズをつなぐことで、2通りの設定を途切れなく行き来できます。

バイパス方式はリレー式トゥルーバイパスとTrails つきバッファードバイパスから選択可能です。


残り2つはまとめてご紹介。画像左のDVP4 Volume X Mini は、兄貴分のDVP3 を約半分に小型化したボリューム&エクスプレッションペダル。

違いはDVP3 がInput、Output、Tuner、Exp という4つの端子を備えるのに対し、DVP4 は入出力とAUX の3端子構成なこと。

AUX 端子は内部スイッチでTuner モードとExp モードを切替えられるので、両者の機能はほぼ同じです。

一方のMXR Tap Tempo Switch M199 は、電源不要で動作するコンパクトなタップテンポスイッチ。

内部のDIP スイッチで、グラウンドに落とす端子をTip のみ、Ring のみ、Tip & Ring の3通りから選択可能。ケーブルはTS とTRS の両方に対応します。

これら新製品の価格や発売日は、米国で1月21日から始まるWinter NAMM Show で発表予定です。

MESA/Boogie 製シグネイチャーアンプに続いてダンロップからはシグネイチャーワウが発表され、さらに今月29日にはドリーム・シアターのニューアルバムが発売予定と、2016年初頭はペトルーシ周辺が熱いようです。

追記:ベース用のミニワウペダルCBM105Q Cry Baby Mini Bass Wah も発表されました。


本体側面にはフルサイズ版と同じくVolume とQ ノブを配置。筐体は軽量なアルミ製かつ大きさはPhase 90 とほぼ同じなので、ペダルボードにも収めやすそうです。

ソース: Dunlop Manufacturing - New for 2016
参考: Dunlop Blog - Huge and Expressive: The John Petrucci Cry Baby Wah
Jeorge Tripps (Twitter)

関連記事
Way Huge から新製品3モデル。ボナマッサコラボのOverrated Special が発売、Green Rhino とSwollen Pickle もアップデート

MXR M76 Studio Compressor 発売、中身はM87 Bass Compressor と同一のカラバリモデル

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ