ページ

2016/03/16

ギャリエン・クルーガー、超多機能なベース用プリアンプペダルPLEX 発表。USB オーディオインターフェイス機能搭載


米国のベースアンプメーカーGallien-Krueger が、新製品PLEX Pleamp を発表しました。

4バンドEQ、コンプレッサー、チューナー、ヘッドフォン端子、さらにはUSB オーディオインターフェイス機能まで備える、超多機能なベース用プリアンプペダルです。




搭載する主な機能は:

  • 4バンドアクティブEQ
  • 800RB などのサウンドを再現するVoicing Filter
  • コンプレッサー
  • オーバードライブ
  • クロマチックチューナー
  • エフェクトループ
  • AUX 入力
  • ヘッドフォン出力
  • XLR ダイレクト出力 (グランドリフト&プリ・ポスト選択可能)
  • USB 端子 (MIDI、録音、リアンプ対応)

このほかすべてのノブはプッシュボタンになっており、EQ 帯域の変更やコンプのレシオ調節、オーバードライブのシェイプ変更、キャビネットシミュレータのオンオフなどが可能。

また本体上部のフォン出力にはTRS 端子を採用し、GK のパワーアンプ内蔵スピーカーキャビネットMBP シリーズに直結できます。

ギャリエン・クルーガーPLEX の実勢価格は米国で299ドル。発売日は未発表です。

プリアンプに分類されてはいますが、練習・録音・ライブのすべてで活用できる、まさにベーシストのための万能ツールと言えるPLEX。

価格も競合製品のTech 21 BDDI が199ドル、Bass Fly Rig が299ドル、MXR M80 Bass DI が139ドルということを考えると、破格の安さと言えます。

関連コンテンツ