ページ

2016/12/14

フェンダーからジョー・ボナマッサモデルのHigh Power Tweed Twin、セレッション製シグネチャースピーカー搭載


フェンダーが2017年の新製品として、ジョー・ボナマッサモデルのHigh Power Tweed Twin アンプを発売することがわかりました。

これはボナマッサがSNS 上で明かしたもので、スピーカーには新開発のセレッション製ボナマッサモデルを搭載します。



(Lazy J のツイードクローンを弾くボナマッサ)

JB High Power Tweed Twin は、その名前から1950年代末に発売されたFender Twin アンプがベースと思われます。

オリジナルの「ハイパワー」ツインは、ツイードで覆われた筐体に2個の12インチスピーカーを搭載。4本の5881 真空管から80W のパワーを放出します。

ボナマッサは長きに渡りマーシャルとダンブルを愛用していましたが、昨今はヴィンテージのツイードアンプにご執心のため、今回のフェンダーとのコラボも自然な流れと言えそうです。

またJB Twin は、スピーカーにセレッション製のボナマッサモデルJB-85 を搭載。セレッションとしてはジョージ・リンチとエディー・ヴァン・ヘイレンに次ぐ、3人目のアーティストモデルとなります。


Fender Joe Bonamassa High Power Tweed Twin は2017年発売。価格や発売時期は、年明け1月のWinter NAMM で発表されるものと思われます。

オリジナルの回路と違いがあるのか、そしてスピーカーは単体販売されるのかなど、気になる要素が詰まった新製品です。

ソース: Joe Bonamassa - Facebook / Instagram
参考: サウンドハウス - セレッション一覧

関連記事
フェンダーの2017年モデルがフライング発表?アメスタ後継のAmerican Professional が予約受付中

Mad Professor Big Tweedy Drive 発表、フェンダーのツイードアンプを再現するドライブペダル

コラム:セレッション流、新しいスピーカーを素早く「ブレーク・イン」する方法

コラム:ギターアンプ用スピーカーメーカー紹介 Celestion 編。各モデル解説

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]
WAY HUGE WHE-208 Overrated Special Joe B...
価格:28215円(税込、送料無料) (2016/12/14時点)