ページ

2017/01/20

アンペグから新製品、ペダル型のアナログプリアンプとコンパクトになったScrambler (追記)


アンペグがベース用コンパクトエフェクターの新製品2モデルを発表しました。

新たにペダル型プリアンプのClassic Analog Preamp と、ドライブペダルのScrambler Bass Overdrive がラインナップに加わります。



Classic Analog Preamp は、3バンドEQ と2つのEQ ボタンを組み合わせることで、様々な時代のアンペグサウンドを再現。

アンペグいわく、「我々のピュアなアナログベースサウンドを、最も安価に入手できる製品」とのことです。


もうひとつの新製品Scrambler Bass Overdrive は、Drive、Blend、Treble、Volume の各コントロールを使い、軽い歪みから叫ぶようなハイゲインまでカバーするドライブペダルです。

そのほか共通する仕様として、フットスイッチはトゥルーバイパス。電源は9V 乾電池とパワーサプライ(別売)に対応します。

これらの仕様を見るに、Ampeg SCR-DI のプリアンプとスクランブラーを個別に抜き出した製品とも言えそうです。

(Ampeg SCR-DI)

新製品の価格や発売日は、米国で今日から始まるNAMM Show で発表されるものと思われます。

SCR-DI の片チャンネルだけ欲しかった場合や、コンパクトなアンペグサウンドのペダルを探していた場合にぴったりの製品かもしれません。

1月23日追記:米国での実勢価格はともに99ドル。SCR-DI が199ドルなのでちょうど半額です。

ソース: Ampeg - Pedals
参考: Sweetwater - Ampeg Classic Analog Preamp
Sweetwater - Ampeg Scrambler Bass Overdrive
サウンドハウス - Ampeg 一覧

関連記事
Tech 21 Q Strip 発表、パライコとDI 搭載のペダル型チャンネルストリップ

Tech 21 GED-2112 発表、ゲディ・リー シグネチャーのラック型サンズアンプ

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。