ページ

2017/01/19

セレッションがスピーカーIR を発売、グリーンバックやVintage 30 の公式IR が利用可能に


英国のスピーカーメーカーCelestion が、自社製品のIR データを発売しました。

グリーンバックやVintage 30 などの公式IR を使って、レコーディングやモデリングアンプの音作りが可能になります。



セレッション公式IR のラインナップは全7モデル。キャビネット5種類、マイク3種類、マイクポジション6種類の計90パターンを共通で収録するとともに、異なる種類のマイクを混ぜたパターンを個別に収録しています。

IR の製作には、U2 やNew Order との仕事で知られる世界的なエンジニアCenzo Townshend 氏のDecoy Studios を使用。

作業にはThe 1975 やJake Bugg を手掛けたMike Spink 氏も参加しています。

マイクはShure SM57、Sennheiser MD421、Royer R-121 の3本をメインに、ルームマイクとしてNeumann TLM 107 をペアで設置。ルームマイクのみのパターンも収録しています。



セレッション公式IR の価格は、90パターンを収録したフルパッケージが29.99ドル。キャビネット1種類の単品購入が11.99ドル。支払い方法は各種クレジットカードとPayPal に対応します。

有償・無償のIR が数え切れないほど出回る中、ギター用スピーカーの始祖と言えるセレッションが定番の地位を築くことができるのか、今後の巷の評価が気になるところです。

なお公式サイトではお試し用のIR を無償で配布しているので、まずはゲットしてみることをオススメします。

ソース: CelestionPlus.com
サウンドハウス - Celestion 一覧

関連記事
コラム:セレッション流、新しいスピーカーを素早く「ブレーク・イン」する方法

コラム:ギターアンプ用スピーカーメーカー紹介 Celestion 編。各モデル解説

コラム:ギターアンプ用スピーカーメーカー紹介 Eminence 編。各モデル解説

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。

関連コンテンツ