ページ

2017/06/23

BOSS GT-1B 発表、多彩なエフェクトとアンプモデルを備えるベース用マルチエフェクター


BOSS が新製品GT-1B を発表しました。多彩なエフェクトとアンプモデルを小型軽量ボディに詰め込んだ、ベース用のマルチエフェクターです。



GT-1B は、BOSS 独自のCOSM 技術によるアンプモデルと、同じく独自技術のMDP を使った最新のエフェクトを搭載。

それらを本体のシンプルかつ直感的なインターフェイスで操作できます。また今年9月にはPC 用のエディターソフトも提供予定です。

音色パッチは、プリセットに加えてプロが作成した設定をオンラインのBOSS TONE CENTRAL からダウンロードできます。


端子類はメイン入力(モノラル)、メイン出力(ステレオ)、AUX 入力(ステレオ)、ヘッドフォン出力、CTL/EXP 端子(TRS)、USB 端子を本体背面に配置。

CTL/EXP 端子にはフットスイッチを2系統、もしくはエクスプレッションペダルを1基接続でき、エフェクトの掛かり具合やオンオフを操作できます。


寸法と重さは幅305 x 奥152 x 高56mm、1.3kg。ボスいわく、ギグバッグのポケットに収まるサイズとのことです。

電源は単3電池4本または別売のBOSS PSA-100 パワーサプライに対応。消費電流は200mA。


BOSS GT-1B は7月8日(土)発売予定。実勢価格は税込2万1600円。今年の夏はZOOM B3n との熱い勝負が繰り広げられそうです。

なおボスの現行ベースマルチは、ME-20B の生産終了によりGT-1B とME-50B の2モデルになりました。

ソース: BOSS - GT-1B
参考: BOSS - Bass Multi Effects
サウンドハウス - ベース用マルチエフェクター一覧

関連記事
Darkglass Electronics Alpha Omega 発売、2種類の歪みをブレンドできるベース用プリアンプペダル

Electro-Harmonix Battalion 発表。4バンドEQ、コンプ、歪み、ノイズゲート搭載のベース用プリアンプ/DI

ハートキーBass Attack 2 発表、初代から大きく進化を遂げたベース用プリアンプ/オーバードライブ/DI

ZOOM が新型ベース用マルチエフェクターB3n をフライング発表。67エフェクト搭載、同時使用7種類

ブログの更新情報はTwitterFacebookでお知らせしています。